Windows

AppleはMacBookのM1チップでWindows PCを巧みに攻めるが主張には少し無理がある。

AppleはARMベースのM1チップを発表し、MicrosoftとWindows PCのユーザーに巧みにアピールしました。しかしそのアピールは本当に適切だったのでしょうか?

 

ARM搭載MacよりもARM搭載Windowsの方が先にリリースされている

アップルは今回のイベントでいよいよ新しいARMを搭載したMacBook Air、MacBook Proを発表しました。さらにこれらにはApple独自のM1チップが搭載されており、これらはWindowsの競合製品よりも優れているとアピールしました。

 

バッテリーやパフォーマンス2倍は単にARMの特性

MacBookライン全体で2倍以上のパフォーマンスとバッテリーライフがあるとAppleはアピールしていますが、Microsoftもかつて同じ主張をしていたことを考えると現時点ではまだ何も保証されていません。とはいえAppleが開発したチップは驚くべき実績があるため、期待されるには十分なものです。

 

最も売れているWindows PCの2倍の性能があるのも当たり前

アップルは新しいM1チップでMacBook Proがクラスで最も売れているWindows PCの2倍のパフォーマンスが発揮できるとアピールしています。しかし言うまでもありませんが、Windows PCで売れているのは最も強力なマシンではないためこれは当たり前のことです。Windows PCは安価なPCもラインナップされており、多くのWindowsユーザーはMacではとっくにサポートが終了をしているほどレガシーなデバイスを使用しています。

 

Get A MacでWindowsをディスる

そしてアップルは最後にGet A Macキャンペーンを呼び戻しMacとPCでWindows PCユーザーに呼びかけました。この映像の中で新しいARM搭載Macに対して(Windows)PCは「そんなに進化してどうするの?」「長いバッテリー駆動?電源させ」「早い?僕だって早いぞ」「バッテリー切れだ、充電しなきゃ」というショートムービーを見せました。

まるでMacがはるかに先進的なように見せてますが、最新のWindowsと比較した場合周回遅れで追いついただけにすら思えます。

 

そんなにARMがいいならSurface Pro Xおすすめ。

WindowsラインナップにはWindows 10 on ARM搭載モデルがいくつかラインナップされています。ARM搭載のSurface Pro Xであれば、アップルがアピールしていることも殆どクリアしており、なおかつさらにMacでは出来ないことも可能です。

ペン入力をサポートしたフルタッチスクリーン、最先端な虹彩認証、従来のWindowsアプリとの互換性(64bitアプリもまもなくサポート)、LTEでのどこでも常時接続インターネットでバッテリーは最大15時間持つとされています。

Macファンが思い描く化石のような廉価Windows PCと最新のMacを比べるのはナンセンスではないでしょうか。

Surface Pro XをMSストアで見る

追記:Macの互換性について

Surface Pro XのWindows 10 on ARMよりARM Macの方が互換性があるというご意見を頂いたので一応こちらに追記させていただきます。

Windows 10 on ARMはARM Windows アプリ及びx86 Windows アプリが動作しますが、x64アプリに関してのみ互換性は準備中です。なおx64アプリについては2020年内にテストが開始され、2021上半期にx64アプリの互換性が用意される予定です。Photoshopなどのアプリは最近ARMネイティブ対応しました

対してMacOSについてはMacOS Catalina以降32bitアプリケーションと互換性はありません。これはIntel Macでも同様です。なのでMacの場合はレガシーアプリはそもそも使用できず最新のMac対応の64bitアプリ及びARM Mac対応アプリが利用出来ることになります。

Windows 95で作られたようなレガシーアプリもWindows 10 on ARMで動く豊富なアプリケーションの互換性とMacを比較した場合比べものになりません

 

追記:Surface Pro Xのパフォーマンスについて

Surface Pro X、Microsoft SQ2の性能が低すぎるという方もいます。たしかにAppleの高性能なM1プロセッサに比べると見劣りするのは事実ですが、それでも最新のIntel 第10世代プロセッサと比較しうるレベルです。実際に触れば分かりますが、ブラウジングやOfficeアプリは非常に快適に動きますし、32bitのレガシーアプリもそれなりに動作します。ヘビーな用途でなければ全く問題ないレベルであるといえると思います。

Surface Pro XをMSストアで見る

 

追記:薄くて軽く長時間バッテリーのWindows

LG Gramあたりいかがでしょうか?恐らくスペックの上ではMacより軽く薄く、長時間バッテリー、ハイパフォーマンスかと思います。Windowsは重くて低スペックと思っている方におすすめです。

 

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-,

© 2020 WPTeq Powered by AFFINGER5