Windows

Windows 10 Version 2004のアップグレードブロック問題と不具合について。

MicrosoftはWindows 10 May 2020 Update(Build 2004)でアップグレード抑制機能を搭載しました。これは、従来では様々な環境が想定されるPCで、AIの認識によって不具合が出ない可能性が高いパソコンから段階的にWindowsの大型アップデートが提供されるというものです。

この仕組みによってWindows 10の大型アップグレードで不具合が発生する可能性が少なくなりましたが、いくつかの問題がまだ残っています。

 

このPCはWindows10にアップグレード出来ません

Microsoft Surfaceを初めとする多くのユーザーは、Windows Updateを通してまだWindows 10 Build 2004にアップグレードすることが出来ません。恐らくOEMによってカスタマイズされたドライバーが十分な検証不足と判断され、アップグレードがブロックされている可能性があります。

 

モダンスタンバイの無効化が出来ない

Windows 10ではスマートフォンのスリープモードのように、スタンバイ中にバックグラウンドでタスクを実行出来るモダンスタンバイという機能があります。しかしこのモダンスタンバイは従来のスタンバイよりもバッテリー消費が大きいため一部のユーザーから嫌われています。そのためレジストリで無効にする人もいましたが、残念ながらモダンスタンバイの無効化をする方法が複雑になり、レジストリ編集だけではできなくなりました。

 

ドライバーの不具合

一部のユーザーはWindows 10 May 2020 Updateにアップグレードして以降、ワイヤレスキーボードやマウス、Realtek オーディオアダプターで不具合が発生していると報告しています。報告している人は、デルのノートパソコンを持って人などで、タッチパッドやマウスが機能しなくなったと報告しています。ドライバーの再インストールや更新で治る場合もあれば、Windows 10のロールバックが必要だった場合もあったとのことです。

 

created by Rinker
マイクロソフト
¥21,983 (2020/10/22 08:56:39時点 Amazon調べ-詳細)

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, , ,

© 2020 WPTeq