Windows

Microsoft Edge、開発版ビルドでChromium 82にアップグレード。

マイクロソフトのインターネットブラウザー「Microsoft Edge」の開発チャネルでv82.0.425.3の最新ビルドが公開されました。 この最新バージョンではChromiumのレンダリングエンジンが82に変更されるほか、いくつかの不具合の修正が行われています。

 

アップデート内容

※アップデート内容は機械翻訳を使っています。

 

追加された機能: 

  • Edgeの安定したチャネルのインストールによって置き換えられた場合、Edge Legacyから閲覧データを削除できるようにする管理ポリシーが追加されました。

信頼性の向上: 

  • 別のブラウザーからお気に入りをインポートすると、ブラウザーがクラッシュすることがある問題を修正しました。
  • 他のブラウザーから設定をインポートすると、ブラウザーがクラッシュすることがある問題を修正しました。
  • コンテキストメニューからコレクションにアイテムを追加するとクラッシュすることがある問題を修正しました。
  • コレクションを使用する際のクラッシュを修正しました。
  • コレクションユーザーのウィンドウを閉じるときにブラウザーがクラッシュする問題を修正しました。
  • ブラウザを閉じたときのクラッシュを修正しました。
  • Macでウィンドウを閉じるときのクラッシュを修正しました。
  • PDFを印刷するとブラウザがクラッシュすることがある問題を修正しました。
  • Windowsログインダイアログを使用するWebページにログインしようとすると、ブラウザーがクラッシュすることがある問題を修正しました。
  • フォームの自動入力候補を削除するとブラウザがクラッシュすることがある問題を修正しました。
  • ユーザーが職場または学校のアカウントでブラウザーにサインインすると、同期が機能しなくなることがある問題を修正しました。
  • コレクションの同期が有効になっている場合、コレクション内の削除されたコレクションおよび削除されたアイテムが再表示されることがある問題を修正しました。
  • コレクションを削除するとコレクションペインがクラッシュすることがある問題を修正しました。
  • Chromeなどの他のブラウザーから特定のデータをインポートできないことがある問題を修正しました。
  • 多くのコレクションを表示するときのメモリリークを修正しました。

変更された動作: 

  • オンプレミスの職場または学校のプロファイル([email protected] 形式ではなくDOMAIN \ NAME形式のプロファイル)が削除できない問題を修正しました。これらのタイプのプロファイルの作成をデフォルトで停止するために、さらに多くの変更が加えられていることに注意してください。詳細については、  https://techcommunity.microsoft.com/t5/enterprise/updates-to-auto-sign-in-with-on-prem-active-direct…  を参照してください。
  • 2本指のジェスチャーを使用してトラックパッドをスクロールすると、特定のデバイスでWebページが上下に直接ジャンプすることがある問題を修正しました。
  • Webサイトをアプリとしてインストールしたり、タスクバーにピン留めしようとしたりすると、アクションを終了するUIが表示されないために失敗することがある問題を修正しました。
  • ブラウザが閉じるときに閲覧データを削除するように設定されている場合、アドレスバーの履歴が適切に削除されないことがある問題を修正しました。
  • 追跡防止を有効にすると、特定のWebサイトにログインできなくなる問題を修正しました。
  • ドルビービジョンを使用するビデオが時々点滅したり、途切れたりする問題を修正しました。
  • Apple TVのような特定のWebサイトで再生しているビデオが時々フリーズする問題を修正しました。
  • ARM64デバイスで特定のDRMで保護されたビデオを再生するパフォーマンスの改善。
  • ネイティブメッセージングを使用する拡張機能が正しく動作しないMacの問題を修正しました。
  • フルスクリーンビデオを再生するときにタッチバーが応答しないことがあるMacの問題を修正しました。
  • 複数のウィンドウでIEモードのタブを使用すると、間違ったウィンドウにダイアログが表示されることがある問題を修正しました。
  • 保留中のEdgeの更新があると、…メニューの更新通知が表示されない問題を修正しました。
  • 1つのウィンドウでコレクションを編集しても、開いている他のウィンドウでコレクションが更新されないことがある問題を修正しました。
  • 設定が正常に変更されても、設定を変更しても設定UIが更新されない問題を修正しました。
  • microsoft-edge:プロトコルの評価を変更して、URLをナビゲートする前にURLをデコードしないというEdge Legacyの動作により一致するようにしました。

既知の問題点: 

  • 一部のユーザーは、先月その領域でいくつかの修正を行った後にお気に入りが複製されるのを見ています。これがトリガーされる最も一般的な方法は、Edgeの新しいチャネルをインストールするか、Edgeを別のデバイスにインストールしてから、以前にEdgeにすでにサインインしたアカウントでサインインすることです。
  • 特定のセキュリティソフトウェアパッケージのユーザーは、STATUS_ACCESS_VIOLATIONエラーですべてのタブの読み込みに失敗します。この動作を防ぐ唯一のサポートされている方法は、そのソフトウェアをアンインストールすることです。私たちは現在、そのソフトウェアの開発者と協力して修正を見つけようとしています。
  • 最近の最初の修正後、一部のユーザーはまだEdgeウィンドウが完全に黒くなるのを経験しています。メニューなどのUIポップアップは影響を受けず、ブラウザタスクマネージャーを開き(キーボードショートカットはShift + Esc)、GPUプロセスを強制終了すると修正されます。これは、特定のハードウェアを使用しているユーザーにのみ影響するように見えることに注意してください。
  • 複数のオーディオ出力デバイスを使用しているユーザーがEdgeからサウンドを取得できない場合があるという問題があります。ある場合には、WindowsボリュームミキサーでEdgeがミュートされ、ミュートを解除すると修正されます。別の方法では、ブラウザを再起動すると修正されます。
  • 特定のズームレベルでは、ブラウザーUIとWebコンテンツの間に目立つ線があります。

Microsoft Edge(開発チャネル)を入手

Microsoft Edgeの開発版はこちらから入手できます。

 

Dev channel update to 82.0.425.3 is live - Microsoft Tech Community
Dev channel update to 82.0.425.3 is live - Microsoft Tech Community

Hello Insiders, today we’re releasing build 82.0.425.3 to th ...

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, , , ,

© 2020 WPTeq