Windows

A2DPシンク機能がWindows 10で復活予定、スマホの音をBluetoothでPCへ。

A2DP(Advanced Audio D委stリブ地温Profile)はBluetoothプロファイルのひとつです。 Windows 7では利用できましたが、Windows 8以降では利用できなくなった機能です。 この機能はBluetoothオーディオ出力デバイスとして使用できましたが、この機能を削除しました。

Windows 10でまもなく復活か

この変更により、多くのユーザーはSyncとしての機能する代替混用ドライバーに切り替える必要がありました。 しかし幸いなことにMicrosoftはこの機能をWindows 10に戻しました。

マイクロソフトの2020年の大型アップデート、20H1(Build 2004)ではBluetooth 5.1の認定を受けており、接続の高速化やエネルギー消費の削減などの改善が行われます。 またGATTキャッシング機能の強化により、一般的なパフォーマンスの改善も含まれています。マイクロソフトはこのバージョンを4月または5月にリリースする予定です。

将来の機能について

将来のWindows 10のPreview BuildではBluetooth 5.2機能のサポートも計画されています。 またアップデート後Enhanced Attribute Protocol(EATT)もサポートされます。 これによりユーザーエクスペリエンスの改善とエンドツーエンドのレイテンシの短縮が行われます。 20H2のアップデートは2020年後半に予定されています。

 

https://twitter.com/h0x0d/status/1221088936568614914?s=20
https://twitter.com/h0x0d/status/1221088936568614914?s=20

続きを見る

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-

© 2020 WPTeq Powered by AFFINGER5