Windows

Chromiumブラウザ、Windows10と深い統合をサポートへ。

更新日:

Chrome Windows 10との統合

マイクロソフトは次期Microsoft EdgeでChromium系ブラウザに切り替える予定ですが、オープンソースプロジェクトに積極的に貢献することでChromium全体を大幅に改善しています。 マイクロソフトはスクロールの改善、PWAのサポート向上など様々な分野で協力を続けています。

 

プリンター設定がWindows10のものに

マイクロソフトは次にChromiumベースのブラウザとWindows10の設定の統合を行います。 従来Chromeや他のブラウザはプリンターの設定をWindows10のものを利用できるように変更を提案しています。

既にGoogle Chrome Canaryでは新しいプリンタリンクが設定されており、Windows10の設定のプリンターが起動するようになっています。 現時点ではEdge Canary、Edge Devビルドではまだ実装されていません。

 

Chromeのプロキシ設定もWindows10のものに

GoogleもGoogle ChromeのWindows10の統合に取り組んでいます。 Google Chromeではネットワークプロキシオプションを開くとInternet Explorerの古い設定ダイアログが表示されていましたが、ついに変更されます。

Google Chrome CanaryではInternet Explorerのダイアログではなく、Windows10のプロキシ設定にユーザーを誘導する新機能を実装しています。

Chromium browsers to support deeper integration with Windows 10
Chromium browsers to support deeper integration with Windows 10

Microsoft is actively making Chromium better by contributing ...

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, ,

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.