Windows

Microsoft Edge、依然としてバッテリー持ちで優位。

投稿日:

image

 

Microsoft EdgeはWindows10の標準ブラウザですが、マイクロソフトはWindows10 April Updateでの最新テスト結果を公開しました。

 

テストでは主な2つのライバル、FirefoxとChromeでテストを行ったようです。

テスト結果はMicrosoft EdgeはFirefoxよりも98パーセントも長く動作し、Chromeよりも14パーセント長く動作するという結果になりました。

テストの方法は同じストリーミングビデオを連続ループ再生しながら、同じSurface Bookで比較テストを行ったとのことです。

 

 

興味深い点はCreators Updateの頃はChromeよりも35パーセント優位とされていたのに、今回は14パーセント優位とアドバンテージが少なくなっている点です。

Firefoxとの差は依然として大きいですし、タッチ操作をメインで使うデバイスを使っているのであればMicrosoft Edgeを推奨しますが、Chromeでもバッテリー持ちの問題はかなり少なくなってきているのでモバイルユーザーにも十分選択肢に入るかもしれません。 ただしChromeの場合多くは拡張機能に依存するため、拡張機能を有効にするとバッテリー持ちが悪くなる可能性は十分あります。

 

I-O DATA モニター 55型 4K (3840×2160)/60Hz/HDR/ADSパネル/HDMI×3/DP×1/リモコン付/3年保証/EX-LD4K552DB
アイ・オー・データ (2018-05-29)
売り上げランキング: 16,172

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows

Copyright© WPTeq , 2018 All Rights Reserved.