Windows

Windows10、ビジネスと個人を分離して守る新システム「WIP」

更新日:

image

 

Windows10ではセキュリティ強化のために従来よりも多くの情報保護機能が搭載されていますが、依然としてウィルスの被害はなくなることはありません。

そこでマイクロソフトはWindows Infomation Protection(WIP)を追加することが発表されました。

 

このWIPはビジネスとパーソナルを分離してアプリを管理するというシステムです。

これにより業務用アプリやクラウドなどは業務データとして認識され、個人向けのデータとは受け渡すことが出来ません。

 

業務データはWindowsが自動的に暗号化、ビジネス領域を保存するだけでなく、ビジネス領域とパーソナル領域をまたぐデータのコピーやペーストは制限されます。

 

ソース:

//docs.microsoft.com/ja-jp/windows/uwp/enterprise/wip-hub

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.