PC/PCパーツ

ChatGPTには3万個のNVIDIA GPUが必要かも知れない。

調査会社TrendForceの報告によれば、ChatGPTを使用するには3万個ものNVIDIA A100が必要になるという計算を明らかにしました。

高まる需要

ChatGPTは2022年に登場したテクノロジーで、月間1億人のユーザーを獲得しています。マイクロソフトはChatGPT提供から1ヶ月後にBing AIを発表、さらにChatGPTを活用するようになりました。

調査会社TrendForceによれば、NVIDIAはChatGPTのおかげで3億ドルもの収益を上げることが出来るとのこと。この数字はChatGPTの運営に3万個のNVIDIA A100 GPUが必要になるというTrendForceの分析に基づいています。NVIDIAの最終的に収益はOpenAIがどれほどの数のGPUを必要としているか、またNVIDIAが大量注文でどれくらい割り引くかによって異なる可能性があります。

GPUの価格上昇にも影響?

NVIDIAがChatGPT用のグラフィックスカードの製造を優先した場合、NVIDIA GPUの製造にも影響が出る可能性があります。その場合GPU価格にも間接的に影響するかも知れません。なおOpenAIはマイクロソフトとのパートナーシップを延長しており、ChatGPUのグラフィックスカードの代わりに、Microsoft Azureシステムを活用する可能性もあります。

Kena: Bridge Of Spirits
PS5時限独占ゲーム「Kena: Bridge of Spirits」のXbox版がレーティング通過に。

PS5の時限独占タイトル「Kena: Bridge of Spirits」がESRB Xbox Series X|Sレー ...

続きを見る

--

収益について

当サイトはGoogleアドセンス、Amazonアフィリエイト、楽天、A8.net、バリューコマース、ソニーストア、マイクロソフト、U-NEXT等のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得て運営されています。
 

-PC/PCパーツ
-, ,