PC/PCパーツ

Windows 11 22H2で速度が下がる不具合を修正、NVIDIA 517.48ドライバーが提供開始。

Windows 11 22H2を使用している一部のPCにおいてパフォーマンスが低下する問題が発生していましたが、今回NVIDIA GeForce Driverがアップデートされたことでこの問題が修正されました。

GeForceの不具合が修正

Windows 11 21H2、Windows 10コンピューターでWindows 11 2022 Updateの提供が広がるにつれてNVIDIAマシンのユーザーはOSのパフォーマンスが低下していると報告していました。この問題のフィードバックを受けてNVIDIAは最新のGeForceドライバー517.48の提供を開始しています。

主な修正内容は以下の通りです。

  • 特定のLenovo PCで明るさの設定が正しく適用されない問題を修正しました。
  • システムの再起動後に「NVIDIA GPUのみ」オプションが機能しない問題を修正しました。
  • Adobe Illustrator がピクセル化して表示される問題を修正しました。
  • カオスヴァンテージがWindows 11で起動しない問題を修正しました。
  • DirectML.dll でのクラッシュを修正しました。
  • 可変リフレッシュレートモニターを使用したパフォーマンスの問題を修正しました。

マイクロソフトは2022年の頭からこのバージョンのWindows Insiderを提供しており、ユーザーからフィードバックが行われていたにもかかわらず実際のリリースまで問題が修正されなかったのは残念なことです。

ドライバーのダウンロード

  • デスクトップGPU: ゲームレディドライバ: Windows 11
  • ノートブックGPU: ゲームレディドライバのダウンロード: Windows 11

--

-PC/PCパーツ
-,