PC/PCパーツ

Intel、Windows 11向けにGPUドライバーをアップデート。

Intelは新しいグラフィックスドライバーVersion 30.0.100.9955をリリースしました。このバージョンアップではSurface Pro 8などの最新のWindows 11製品で動的リフレッシュレートをサポートすることが出来るようになるほか、ゲームと生産性を高めるいくつかの機能があります。

ゲームへの最適化

Cyberpunk 2077、ヒットマン2、ウルフェンシュタインなどのいくつかのゲームで発生していたグラフィックスの異常を修正しました。さらにIntel Iris Plus GPU以降を使用しているWindows 11デバイスでは、H.264、HEVCDX12ビデオエンコードのサポートが強化されます。

動的リフレッシュレートのサポート

現在リフレッシュレートが高いデバイスが増えています。フレームレートが高いデバイスではスムーズなゲーム体験やペン操作をなめらかに感じることが出来ます。しかしバッテリーを大幅に消費するため、動的リフレッシュレート(DRR)を使用することでバッテリー消費を抑えながらディスプレイを最大限に活用できるようになります。

これは低いリフレッシュレートと高いリフレッシュレートをシームレスに切り替えることが出来るもので、PowerPointやWordで作業をしているときは60fps、スクロールやインク操作、ゲームをするときは120Hzと自動的に切り替えることが出来ます。

DRRは以下の条件を満たす必要があります。

  • Windows11 Version21H2
  • 可変リフレッシュレート(VRR)と少なくとも120Hzのリフレッシュレートをサポートするディスプレイ
  • Intel irisグラフィックス
  • WDDM3.0ドライバー

可変リフレッシュレートのサポートをすばやく確認するには、[設定]> [ディスプレイ]> [グラフィック設定]に移動します。「グラフィック設定」画面で、可変リフレッシュレートの切り替えを探します。オプションがない場合、Windows11の動的リフレッシュレート機能を使用できません。

アップデートをダウンロードするにはIntelのWebサイトから行うことが出来ます。

created by Rinker
マイクロソフト
¥2,862 (2021/12/02 14:42:59時点 Amazon調べ-詳細)

--

-PC/PCパーツ
-,