PC/PCパーツ

ASUS、Windows 11対応オートTPMマザーボードBIOSをリリース。

ASUSは多数のチップセット向けにアップデートされたBIOSを公開し、今年後半にリリースされる予定のWindows 11が必要とするTPMを有効にしました。このBIOSのアップデートは2017年まで遡って行われ、Intel KabyLakeプロセッサが含まれています。

オートTPMサポート

ユーザーが自分のコンピューターで手動でTPM 2.0を有効にするのは少し専門的な操作が必要になります。TPMはハードウェアの暗号化を行い、攻撃者がブートプロセスとハードウェアに影響を与えるのを防ぐことが出来ます。しかしTPM 2.0は名称が異なり、PTTやPSPfTPMといった名称で使われていることがあります。

ASUSは一部対象モデルのBIOSでTPM 2.0を有効にし、簡単にWindows 11との互換性を手に入れるようにしました。

マザーボードを調べる方法

マザーボードがわからない場合、Windows 10の検索バーからmsinfo32を入力し、システムの情報を参照してください。BIOSのアップデート作業を行うときは、常にデータのバックアップを忘れないようにしてください。

ASUS Releases Auto TPM Motherboard BIOS In for Windows 11 Support
ASUS Releases Auto TPM Motherboard BIOS In for Windows 11 Support

Wccftech ASUS Releases Auto TPM Motherboard BIOS In for Wind ...

wccftech.com

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-PC/PCパーツ
-, ,