Skype

Teamsが大成功しているにもかかわらず、MSはSkypeを愛し続ける。

新型コロナウィルスが問題になるまではマイクロソフトが今まで行ってきたSkypeへの投資は全く無駄だったと思われていました。2011年にマイクロソフトが購入したSkypeはメッセージングサービスで他の競合サービスからユーザーを奪われ続けてきており、何度か方向転換を試みたもののユーザーに広く受け入れられることはありませんでした。

 

他サービスと競合

マイクロソフトはこういった状況の中で競合していたSkype for BusinessをMicrosoft Teamsに統合を決定しました。これによりTeamsはビジネスビデオ会議ソリューションの需要が急増しました。また最近Teams for Lifeを発表しました。これはコンシューマユーザー向けのTeamsでありSkypeと完全に競合するサービスとなります。

 

Skypeへの愛は忘れていない

マイクロソフト365のJeff Teperは、Venture Beatの取材に対し、Skypeの投資は継続していることを明らかにしました。「いくつかの新機能を準備しています。SkypeとTeamsの相互運用も計画しています。Teamsが消費者と一緒により多くのことを提案しているため人々はTeamsを選ぶと思います。しかしこれは強引な移行ではありません。人々はSkypeが好きなので、ここで強制することはありません」

 

Skypeのユーザーを伸ばす

マイクロソフトはSkypeもCOVID-19以後70%アクティブユーザーが増加し、通話時間は220%増加したことを明らかにしました。マイクロソフトはメッセージングアプリは複数のアプリが存在できる居場所があるとしており、Skypeへの投資を続けるとしています。

「例えばFacebookはInstagram、Messenger、WhatsAppを複数のツールがあります。これらすべてが成長し続けています。彼らは相互運用するために働きました。コンシューマーツールの1つから別のツールへの移行を強制していません。少なくとも短期的には私がプレイブックで見る方法です。TeamsはSkypeと全く別のフレーバーを持っています。MessengerとWhatsAppを展開するように、私たちも同じように重複させます。それらを相互運用しますが、Skypeのユーザーに愛を示し続けます。」

Googleも同様にメッセージングアプリを持っていますが、彼らは相互運用をせずに移行をさせています。

created by Rinker
¥1,298 (2020/07/15 18:25:02時点 Amazon調べ-詳細)
Microsoft promises new Skype features despite Teams for consumers launch | VentureBeat
Microsoft promises new Skype features despite Teams for consumers launch | VentureBeat

Microsoft is launching Teams for consumers, but Skype will g ...

続きを見る

Windows Live Messenger派だったんですけどそっちも愛して欲しかった…

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Skype
-,

© 2020 WPTeq