Office

OneNote、デスクトップアプリをWindows10版に置き換えへ。

更新日:

onenote[1]

 

マイクロソフトはOneNoteのWindowsデスクトップアプリケーション版をWindows10版に置き換えたようです。

 

今年後半にリリースされる予定のOffice 2019ではOneNote for Windows10がOffice 365とOffice 2019の両方でOneNote for Windows10に置き換えられます。

この最新バージョンではパフォーマンスと信頼性が改善しており、新しい同期エンジン(Web、Mac、iOS、Android)も搭載されているとのこと。

マイクロソフトストアで常に最新版に更新されるので、アップグレードを意識することなく常に最新のものを利用することが出来ます。

 

ユーザーから過去1年半にわたって送られたフィードバックに基づき、OneNote 2016から100種類以上の機能の追加を行い、タグ機能追加やOfficeドキュメント統合が図られています。

マイクロソフトは以前はWindows向けに2つのOneNoteアプリを提供していましたが、今後は1つになりシンプルになります。

 

ゼロからはじめる OneNote 2016/2013 スマートガイド
技術評論社編集部
技術評論社
売り上げランキング: 17,278

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Office

Copyright© WPTeq , 2018 All Rights Reserved.