XboxOne/Windows10 Games 未分類

Xbox One X移行予定のゲーマーは要注意? 4K/HDR対応キャプチャーボードは殆どない。

更新日:

全世界で2017年11月7日にいよいよローンチするゲーム機市場最高スペックのハードXbox One X。

最大の特徴は4Kグラフィックスに対応した美しいグラフィックなので、Xbox One Xに合わせて4Kテレビの準備をされている方もいらっしゃるとおもいます。

しかしそんな4Kですがゲーム配信や動画投稿を行っている人は注意が必要かも知れません。

4K/HDR対応キャプチャーボードは現状殆どない

Xbox One Xの特徴とも言える4K/HDR対応のキャプチャーボード、キャプチャーカードは現状かなり少ないようです。

ざっくり調べた所Blackmagic Intensity Pro 4KAverMediaが開発中のCE511-HNがあるようですがどれもHDMI 2.0、HDR非対応というスペックです。

既存の1080pのキャプチャーボードを経由してしまうと、HDMI 2.1に対応していないためテレビ出力でも4Kに出来なくなってしまう可能性があります。

スクリーンショットやビデオをキャプチャーボードで撮影している人にとっては大きな問題となりそうです

Xbox One Xにキャプチャー機能はある

ゲーム録画を計画しているのであればXbox OneのDVR機能で接続した外部ドライブに60分までの動画かき出しに対応予定です。

さらにXbox One Xでは4K/HDR/60fpsのキャプチャーに対応予定とのことなので、動画編集者はこの機能を活用するのが最も手軽かもしれません。

ゲーム配信もXbox One Xの内蔵機能を使うべきかも

Xbox One XにはMixer配信機能があります。 Mixerであれば1080pの動画配信がほぼ遅延なしで行うことが出来るため、配信は非常に手軽です。

またゲーム画面のみMixerで配信し、PC側でMixerの配信をキャプチャーして他のサイトに配信する…といった使い方も出来なくはないかと思います。

4K環境構成はまだまだ大変そう

1080pでテレビ、キャプボ、HDMIセレクタ、スピーカー(HDMI接続タイプ)などの環境を揃えていた人は4Kに多くの環境を買い直すべき時が来ました。

現状まだまだ4Kをサポートしている製品の対応状況がいまいちだったり、価格も高かったりするので4K移行のタイミングは難しいといえるかも知れません。

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-XboxOne/Windows10 Games, 未分類

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.