ニュース

Microsoft AI搭載ロボットがビーチのたばこの吸い殻を拾う技術を発表。

ゴミ問題は地球規模の問題で蟻、毎年4.5兆本ものたばこの吸い殻が不適切に処分されています。そしてそれらの多くはビーチの砂浜にたどり着きます。オランダのエンジニアはこの問題を解決するためにたばこの吸い殻を拾うためのロボットを開発しました。

AIが廃棄物を識別

この車型のロボットは、たばこの吸い殻の画像データを学習しています。ロボットは現在200枚学習されており、最終的に2000枚の学習データが必要だとのこと。ロボットはたばこの吸い殻を見つけるとそれを2つのグリッパーアームで引き上げ、瓶に入れます。最後に瓶を人がゴミ箱に入れれば掃除完了です。

BBのプロトタイプは、バッテリー駆動式で1時間の動作が可能とのこと。

ゴミを減らしたい

TechTicsはテクノロジーで問題を解決しようとしていますが、それ以前に人々がごみを減らすことを考えることを願っています。人々がたばこをポイ捨てするのをやめれば、Project BBのようなロボットは必要がなくなるからです。

created by Rinker
マイクロソフト
¥16,900 (2021/09/21 20:38:08時点 Amazon調べ-詳細)
Cigarette butts have finally met their nemesis: BeachBot, an AI-enabled robot - YouTube
Cigarette butts have finally met their nemesis: BeachBot, an AI-enabled robot - YouTube

Every year, 4.5 trillion cigarette butts end up in the envir ...

www.youtube.com

--

 

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-ニュース
-, ,