ニュース

スティーブ・バルマー、MSの取締役から退任。

投稿日:

マイクロソフトの全CEO、スティーブ・バルマーが

Microsoftの取締役会から去りました。

 

sk_ballmer_01[1]

スティーブ・バルマーはビル・ゲイツの大学時代からの友人で

マイクロソフト創設メンバーの一人。

CEO退任後も取締役としてMicrosoftに席を置いていたが

今回取締役も辞任したようです。

バルマーはパソコンオタクではなかったものの

ビル・ゲイツと仲がよかったことと、

そのキャラクターから人々に愛される存在でした。

初代Windows1.0のCMもバルマーが一人で頑張ってましたね。

ちなみにNBAプロバスケットチームLAクリッパーズを

スティーブ・バルマーは買い取っており、

クリッパーズのファンも熱狂的に歓迎したそうです。

---

 

スポーツにはあまり興味ないのですが、

バスケならLAクリッパーズ、

サッカーならシアトル・サウンダーズを押しておけばMS派としてはOKなんでしょうか。

 

スティーブバルマー時代はMSにとってあまりいい成果を残せておらず、

NOKIA買収が退任の決めてになったといわれていますが

個人的にはバルマーCEO時代のZuneやWindowsPhone、

そしてXbox360はとってもワクワクさせられる製品だったと思います。

 

今後はバスケチームのオーナーとして、

またMSの株主として支援を続けていくそうです。

注意

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

また問題が起きた際対応出来るようにサイト利用でのIPアドレスは控えさせて頂いております。 予めご了承下さい。

-ニュース
-, , , ,

Copyright© WPTeq , 2017 All Rights Reserved.