ニュース

ソリティアだって入ってる!Surface DuoにプリインストールされているGoogleアプリとマイクロソフトアプリ。

マイクロソフトはSurface Duoのレンダリング画面では、Google検索バーやChromeといったGoogleアプリのインストールが確認できますが、別の画面ではマイクロソフトのアプリも確認できます。そこで今回は確認されているプリインストールアプリをまとめました。

 

Googleアプリはセットでインストールする必要がある

すべてのOEMアプリの特定のサブセットをインストールする必要があります。これはGoogle Play StoreやGmailといったアプリを消費者に宣伝するためのものです。

 

  1. Google検索
  2. Googleアシスタント
  3. Googleカレンダー
  4. グーグルドライブ
  5. Google Duo
  6. Googleフォト
  7. Google Playムービー&TV
  8. Google Play ストア
  9. グーグルマップ
  10. Chrome
  11. Gmail
  12. YouTube
  13. YouTube Music
  14. 連絡先
  15. メッセージ
  16. 電話
  17. ファイル
  18. 時計
  19. 電卓

マイクロソフトのアプリケーション

バンドルされているマイクロソフトのアプリは次のようになります。マイクロソフトの説明によると、デフォルトブラウザーはChromeではなくEdge、メールアプリもAndroidのものではなくOutlookが設定された状態で出荷されるとのこと。

  1. Microsoft Office:Word、Excel、PowerPoint、Office Lens、PDFリーダーなど
  2. Microsoft Outlook
  3. Microsoft Teams
  4. Microsoft OneDrive
  5. Microsoft Edge
  6. Microsoft OneNote
  7. Microsoft Todo
  8. Microsoft News
  9. Microsoft Authenticator
  10. Microsoft Bing Search
  11. Intuneポータルサイト
  12. LinkedIn
  13. マイクロソフトソリティアコレクション
  14. Surface Audio
  15. Microsoft SwiftKey

やや不思議なことにプロモーションにも使われているXboxストリーミングなどのアプリケーションは標準では用意されていないようです。

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-ニュース
-, ,

© 2020 WPTeq