ニュース

ビルゲイツ、パンデミック終息後も出張は今までよりも少なくなると予測。

ビルゲイツは最近Microsoft傘下のソーシャルネットワーキングサービスLinkedinのインタビューに答え、22分のビデオが公開されました。このビデオでは、健康危機による政府の役割、パンデミックと経済への影響、そして現在直面している課題など様々なトピックを話し合いました。

 

人々はバーチャルに止まる時間が増える

多くの国と地域ではパンデミックの影響で自宅待機、テレワークなどが推奨されました。Microsoft Teams、Google Meet、Zoomなど様々なサービスを使って人々が生産性を高めることについての理解を深めることで、これらのサービスの使用率は高まっています。

 

出張の機会は減るだろう

ビルゲイツは出張は以前のようには戻らないと予想しています。出張はもちろん必要な場合もありますが、以前ほど多く行われることはないとしています。

一方で社会的な交流の獣性についても言及しています。

例えば高校生の場合、社会活動で友達を作ったり、ぶらぶらしたり、物理的にそこにいることで得られるものは、何物にも代えがたいものだと思います。純粋な学習ベースでも、インターネット接続とデバイスがあり、教材を提示するのが本当に上手な先生がいて、それが研究室ベースの費用ではない場合は、そうですね。しかし私は確かにK-12の子供たちには、社交性を学び、子ども達が友達との時間を過ごすことをとり戻りたいと思っています。

インタビューではビルゲイツが資金を提供し、テスト中の7つのワクチンについてはパンデミックを行うために協力していることについても話されています。

 

The new normal, according to Bill Gates (and when it arrives)
The new normal, according to Bill Gates (and when it arrives)

There was one word that Bill Gates kept using on Wednesday’s ...

続きを見る

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-ニュース
-,

© 2020 WPTeq