XboxOne 初めてのXboxOne

Xbox One起動時に設定トラブルシューティングツールが起動する場合の対処方法。

更新日:

LINEで送る
Pocket

Xbox One起動時、システムアップデート後の再起動時などに”E”で始まるエラーコードが始まる場合の対処方法ご紹介します。

 

 

設定トラブルシューティングツールを起動する方法

名称未設定ゲームキャプチャスクリーンショット2017-02-28 10-07-20

Xboxの電源を完全にシャットダウンし、電源コードを取り外します。(スリープではなく電源長押しでシャットダウンしてください)

その後電源コードを抜き、30秒後にもう一度接続します。

電源を接続したら接続ボタンとイジェクトボタンを10~15秒ごとに長押しします。

後はオフラインアップデートが入ったUSBを接続するとオフラインアップデートが選択可能になります。

 

オフラインシステムアップデートを準備しよう

image

WindowsPCでUSBを使ってPCでダウンロードしてアップデートファイルを展開しましょう。

 

image

  1. USBをNTFSでフォーマットしてください。(Windowsでドライブを右クリックしてフォーマット、ファイルシステムをNTFSにしてクイックフォーマットしてください)中のファイルは削除されます。
  2. USB メモリーを PC の USB 端子に接続します。
  3. オフライン システム アップデート ファイル OSU1(最新版をご利用ください) を開きます。
  4. [保存] をクリックした後に、本体のシステム アップデート用 .zip ファイルを PC に保存します。
  5. .zip ファイルを解凍します。すべての Windows OS バージョンについて、ファイルを右クリックしてポップアップ メニューから [すべて展開] を選択し、圧縮ファイルを解凍します。
  6. .zip ファイルから $SystemUpdate ファイルを USB メモリーにコピーします。
    注: ファイルは USB メモリーのディレクトリ直下にコピーします。USB メモリーには他のファイルを含めないでください。
  7. PC から USB メモリーを取り外します。

 

 

アップデートする

名称未設定ゲームキャプチャスクリーンショット2017-02-28 10-59-44

後はUSBメモリーをXboxOneに接続した状態で設定トラブルシューティングツールから問題解決を選び、オフラインシステムアップデートを選択すればOKです。

これでXboxOneにオフラインでアップデートが適用されます。

もしもオフラインアップデートでも改善されない場合、Xboxをリセットして完全に初期化することもご検討ください。

 

ソース:

http://support.xbox.com/ja-JP/xbox-one/console/system-updates-solution

 

--

LINEで送る
Pocket

-XboxOne, 初めてのXboxOne

Copyright© WindowsPhoneteq , 2017 AllRights Reserved.