Xbox/Windows10 Games

Call of Dutyを巡るPSとXboxの論争は複雑とGeoff Keighleyがコメント。

ジムライアンは先日公式声明でXboxに対して「Call of Dutyの契約」に不満の声をぶつけました。ソニーとアクティビジョンブリザードの契約からさらに少なくとも3年間はPlayStationでCall of Dutyをリリースし続けるというマイクロソフトの申し出は不十分だというものです。

Geoff Keighleyも複雑な状況だと語る

ザ・ゲームアワードやGamescom オープンナイトLiveなどでホストを務めるGeoff Keighley氏はジムライアン氏の発言を受けてマイクロソフトにも連絡を取ったが、複雑な状況なようだとコメントしました。また両者の間で主張が矛盾しているように見えると強調しました。

加えてGeoff氏はCall of Dutyが将来もPlayStationに残るというマイクロソフトの主張に対して、ゲームパス独占についても議論に盛り込むべきかと疑問を投げかけています。

得ている情報はみんなと同じレベル?

Keighley氏は今のところ我々と同じように推測しているだけに見えるため、今後のXboxやPlaystation、そして各国の規制委員会の動きを待つしかなさそうです。

少なくとも公式の発言としては「Call of Dutyはソニーとアクティビジョンブリザードの契約を超えて最低でも3年間はPlayStationでリリースする」とマイクロソフトは主張していること、そしてソニーはそれに対して不満の声を公式に挙げているということです。

--

 

-Xbox/Windows10 Games
-, ,