Xbox/Windows10 Games

PS版Call of Dutyは既存の契約を超えて「後数年間は」維持されます。

マイクロソフトは現在アクティビジョンブリザードの買収作業を進めていますが、Xboxのフィルスペンサーは買収完了後もプレイステーションプラットフォームで『さらに数年間』維持することを約束しました。

契約を超えてリリースする予定

Microsoft Gaming CEO/Xboxのボスであるフィルスペンサーは、今年初めにプレイステーションのジムライアン氏に手紙を送り、「PlayStation向けのCall of Dutyを”さらに数年間”維持すること」を約束したとのことです。

つまりマイクロソフトがアクティビジョンブリザードを傘下に収めた後も突然プレイステーションからCall of Dutyが消えることはありません。

既存の契約とは

Call of Dutyはソニーと契約を交わしており、約1年間の間ソニーのプラットフォームを優遇する契約となっていると見られています。実際今年のCall of Duty Modern Warfare 2でもオープンベータの開催日数がプレイステーション版が多いなどの優遇が見られました。

契約が終了した後も数年はプレイステーション版も数年は今まで通りリリースされる予定なのですぐにXbox/Windows独占タイトルになるわけではないということになります。

Microsoft will keep Call of Duty on PlayStation for ‘several more years’ - The Verge
Microsoft will keep Call of Duty on PlayStation for ‘several more years’ - The Verge

Microsoft has signed an agreement to Sony that it will keep ...

www.theverge.com

--

-Xbox/Windows10 Games
-, ,