Xbox/Windows10 Games

Halo Infinite、データ帯域制限がある環境で今は遊ばない方がいいかもしれません。

Halo Infiniteは発売から既に半年以上が経過しましたが、本作ではまだまだ多くの問題があります。最近ソフトウェア開発者のNeeko氏はHalo Infiniteの気になる仕様について報告しています。

マルチプレイでは無駄に通信を行っている

Neeko氏によれば、Halo Infiniteはオンラインプレイをプレイ中にゲームは信じられないほど多くのデータを通信していると主張しています。そのため通信帯域制限があるモバイルルーターなどでHalo Infiniteをプレイしようと考えている人は注意する必要があります。

Neeko氏によれば、Halo Infiniteの通信料を調べると、通常ゲームの試合をプレイすると1プレイ約11MBの通信が行われることがわかったとのこと。11MBというのはゲームの通信としては軽量な部類にはいります。

しかしHalo Infiniteが試合を終了し、メニュー画面のロードを開始するとデータ通信が行われます。この時Windows PC版、Xboxコンソール版の両方で試合からメニューに戻るだけで約300MBのデータがダウンロードされたとのこと。また2試合では合計1GBを超えるデータがダウンロードされたとのことです。

Infinite downloads the Season 2 Banner image about 1000-2000 times, which amounts to around 1-1.5GBs of Data being wasted. Downloads stop while you're in a match, but after you quit into the menu it starts downloading again. This should be an easily-fixable issue on 343's side. from halo

この問題がさらに調査されたところ、Halo Infiniteのクライアントはシーズン2のバナー画像を約1000~2000回ダウンロードを繰り返しており、約1~1.5GBが無駄になっているとのこと。ゲーム中はダウンロードが停止しますが、メニューが読み込まれる間は通信が行われています。

この症状は明らかに不具合であり、将来のアップデートで修正されることが期待されます。

Xbox Game PassでHalo Infinite

一匹狼たちよ、Halo Inifinite マルチプレイヤーのシーズン 2 に向けて始動せよ! 新規マップやモード、期間限定テーマに合わせたイベント、そして完全新規の無期限バトル パスを含む新しいコンテンツを体験しよう。

Xbox.comで見る

created by Rinker
マイクロソフト
¥246,000 (2022/08/09 13:25:18時点 Amazon調べ-詳細)

--

-Xbox/Windows10 Games
-, ,