Xbox/Windows10 Games

Halo Infinite、攻撃的で有害な単語を使用したとして謝罪。

343 IndustriesはHalo Infinite内でアフリカ系アメリカ人の奴隷解放を記念したイベントの一環として、いくつかのマルチプレイヤー用コスメティックアイテムをゲーム内に実装しました。そのうちの1つのネームプレートが猿の一種である『ボノボ』と名前がつけられているのがわかりました。

アフリカ系アメリカ人の奴隷解放記念アイテムボノボをフリーダムに変更

アフリカ系アメリカ人の奴隷解放を記念したイベントジュネーテンスで追加されたアイテムの1つが猿の一種ボノボという名前がつけられていたとして343 Industriesの代表であるボニーロスは謝罪しました。現在対象アイテムの名前はフリーダムという名前に変えられています。

ジュネーテン・エンブレムのパレットオプションに、不快感を与える言葉が含まれていることが判明しました。チームはすぐにアップデートでこの問題に対処しました。

私たちは、誰もが歓迎され、本来の自分らしさを発揮できるようサポートする包括性を重視したスタジオでありフランチャイズです。343を代表して、祝福された瞬間を傷つくものにしてしまったことを謝罪します。

開発ツールの名前からつけられたものか

今回ボノボという名前がどこからつけられたのかという質問に対して、John Junyszek氏は元々Bungie時代のHaloから使われていた開発キットの名前がBonoboという名前がつけられており、そこからとられたのではないかとしています。

Xbox Game PassでHalo Infinite

一匹狼たちよ、Halo Inifinite マルチプレイヤーのシーズン 2 に向けて始動せよ! 新規マップやモード、期間限定テーマに合わせたイベント、そして完全新規の無期限バトル パスを含む新しいコンテンツを体験しよう。

Xbox.comで見る

--

-Xbox/Windows10 Games
-,