Xbox/Windows10 Games

Xbox国内上陸20周年!初代Xboxが日本で発売されてから20年。

マイクロソフトの初の家庭用ゲーム機「Xbox」が2002年2月22日に発売されてから今日で20周年を迎えました。

初代Xboxとは

CPUIntel Mobile Celeron(Pentium lllベース) 733MHz
GPUNVIDIA XGPU 233MHz(GeForce 3ベース)
RAM64MB
メモリ帯域幅6.4GB/s
サウンドウォルフ村マイクロエレクトロニクス ステレオコーデック256ch
インターフェイスコントローラーポートx4 10/100Mbps イーサネットポート
最大解像度1920x1080
電源最大200W
重量3.86kg
大きさ324x265x90 mm

初代Xboxのここがすごい!

Xbox Liveでオンラインゲームを身近に

初代Xboxで開始されたオンラインサービス「Xbox Live」。2003年に本体登場後にスタートしたこのサービスにより、対応ゲームでオンラインマルチプレイ、チャット、フレンドリストといったサービスを利用することが出来るようになりました。

先進的なオンラインプレイが利用できたことは初代Xboxの大きな特徴の1つです。

高性能ゲーム機ならではのHDゲーム対応ソフトも

プレイステーション2やゲームキューブよりも少し遅れて発売された初代Xboxはその分グラフィックスの機能も充実していました。例えば「ソウルキャリバー2」「クラッシュニトロカート」といったゲームタイトルでは720pによるHD解像度をサポートしています。

振り返ろう!Xboxの歴史

マイクロソフトはXbox20周年に合わせてYouTube上でXbox 20周年のドキュメンタリー映像を公開。初代Xboxの誕生秘話、Xbox 360レッドリング事件、Xbox Oneの”TV”機能など色々な角度からXboxの歴史を振り返ることが出来る貴重な映像シリーズとなっています。

YouTubeの設定から字幕を有効にすれば、日本語字幕での視聴も対応。この機会にまだ見ていない人もチェックしてみましょう。

-Xbox/Windows10 Games
-,