Xbox/Windows10 Games

Google Stadiaの優先度は低下しており、ブランド変更も行われています。

2019年にGoogle Stadiaがリリースされて以来、いくつかのゲームがリリースされたことを除いてGoogle Stadiaは注目されることはほとんどありませんでした。このサービスではストリーミング利用料とストリーミング専用ゲームの両方を購入し、クラウドでのみプレイすることが出来るため競合に比べると多くの人にとって魅力があるサービスというわけではありませんでした。

Google Stadiaの縮小

Googleはクラウドゲーム事業を継続するために様々な努力を続けてきましたが、ファーストパーティのゲーム開発スタジオを閉鎖、ゲーム開発環境が予想よりも多くのトラブルに見舞われたことが報告されています。

名称変更と売却交渉も

さらにBusiness Insiderによれば、Google Streamへと名称が変更されたとのこと。新たにパートナーへテクノロジーの販売の交渉をしており、Bungieと具体的な交渉まで進めていたとのこと。またカプコンも名前に上がっていると報じられています。

Googleは既存の200の対応ゲームタイトルに加えて、さらに100のゲームタイトルを2022年に追加する予定であるとしています。Xbox Game Pass Ultimateのクラウド対応タイトルは2022年2月時点で345(米国)となっています。

Reports into Google Stadia reveal extensive troubles - MSPoweruser
Reports into Google Stadia reveal extensive troubles - MSPoweruser

Both reports reveal a deluge of issues that lead to the demi ...

mspoweruser.com

--

-Xbox/Windows10 Games
-,