Xbox/Windows10 Games

Bully 2は開発中止について報告、プレイアブルな状態だったようです。

ゲームインフォーマーによると、Bully 2は2009年までにRock Star Gamesに開発中止が決定されたフランチャイズで、プレイアブルな状態だったとされています。

Bully 2の内容について

Bully 2は当時開発していたどのロックスターゲームズのオープンワールドゲームよりも小さなマップでした。その代わりにロックスターニューイングランドがすべての建物に入れるように計画しており、決して狭さを感じなかったと主張しています。ゲーム内では様々なアクティビティが用意されており、Red Dead Redmption 2同様あなたの高度を記憶するNPCを備えた複雑なAIシステムが計画されていました。

かなりプレイアブルだった

開発中止されたゲームはほとんどコンセプトデザインのみだったものもありますが、ロックスターニューイングランドによれば、完全にレンダリングされた体験が6~8時間程度プレイ出来る状態だったとのこと。ゲームの多くは完成し始めた状態だったにもかかわらず、一部の従業員はリリースまで追加で2~3年以上の時間がかかると述べていたようです。

Bully 2は当時は50~70人の人が開発に取り組んでいたとされていますが、Max Payne 3やRed Deadシリーズの開発のために徐々に開発者が他のプロジェクトに移動させられたとのこと。

The Version Of Bully 2 You'll Never Get To Play - Game Informer
The Version Of Bully 2 You'll Never Get To Play - Game Informer

Inside Rockstar New England's attempt to develop a sequel to ...

www.gameinformer.com

--

 

-Xbox/Windows10 Games
-,