Xbox/Windows10 Games

オープンワールドゲームのマップサイズ比較、最も広いマップを収録しているのはやっぱり・・・

YouTubeチャンネルDimitri Galatas VFXはオープンワールドゲームのマップサイズを比較した動画を公開しています。

 

2020年、世界で最も大きなマップのゲームタイトルが変わる

この比較では2020年に発売された「サイバーパンク2077」「アサシンクリードヴァルハラ」「ゴーストオブツシマ」を含むいくつかのオープンワールドゲームのマップサイズを比較。

 

3位: Fuel(CodeMasters)

14,000km2の巨大マップを収録したレースゲーム。バイクやバギートラックなど様々な乗り物を利用でき、オンラインで様々なプレイヤーと一緒に楽しむことができる。

ちなみにXbox Series XでもXbox 360版を互換機能を通してプレイ可能。

 

2位: The Elder Scrolls 2 Dagger Fall(Microsoft/Bethesda)

長い間マップサイズNo.1を誇っていたのはBethesda Softworksが開発したオープンワールドRPG「The Elder Scrolls 2 Dagger Fall」。マップの自動生産を組み合わせたゲームタイトルで、15000以上の街やダンジョン、161600km2の巨大なマップを収録。

1位: Microsoft Flight Simulator(Microsoft/Asobo)

最新のフライトシミュレーター、Microsoft Flight Simulatorのマップサイズはなんと510.100.000km2の地球まるごとを収録。衛星写真のデータを元にAIが自動生成したマップがベースとなっています。マップサイズが大きすぎるためインターネット接続で常時マップデータを読み込む必要があります。

Microsoft Flight Simulator: Standard
Microsoft Flight Simulator: Standard
Developer: ‪Xbox Game Studios‬
Price: ¥7,450+

 

--

 

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Xbox/Windows10 Games
-

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5