Xbox/Windows10 Games

Double Fine、『バンジョーとカズーイの大冒険』開発に興味はない。

最近レア社の人気IP『パーフェクトダーク』が復活したことで、『バンジョーとカズーイの大冒険』も何らかの形で復活するのではないかという期待がファンの間で高まっていますが、マイクロソフト傘下スタジオとなったDouble Fineが作ることはなさそうです。

 

レア社が作るべき

IGNで行われた最近のインタビューで、Double FineのTim Schafer氏は次のように答えています。

"マイクロソフトのIPを使って遊ぶことを考えるのは面白いことですが、Double Fineを使うのには向いていないような気がします。"

"みんなは(Double Fineが)バンジョーカズーイのゲームをやるべきだと思い込んでいるようです。なぜDouble Fineがバンジョーとカズーイの大冒険を作らなければならないのでしょうか?レア社という会社のことを聞いたことがありますか?"まだ存在しますよ!"

"私はあのゲームが本当に好きです。"

"色鮮やかで体験するのが楽しいプラットフォーマーといえばDouble Fineを思い浮かべる人がいるとしたら、それは素晴らしいことだと思います。でも、私たちもまた同じようにみんなが好きな新しいものを作りたいと思っています。"

新しいゲーム体験に力を入れるレア社

レア社は最近「現代でしか作れないゲーム」づくりをモットーとしており、最新作ではクラウドテクノロジーとマシンパワーを生かして開発された海賊マルチプレイタイトル「Sea of Thieves」で大成功を収めています。

現在もまったく新しいゲーム体験を目指して「Everwild」というゲームタイトルを開発しており、レア社自身はクラシックタイトルの復活にはあまり興味がないようにも見えます。

--

 

 

 

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Xbox/Windows10 Games
-,

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5