Xbox/Windows10 Games

リブート版FableにControlのリードライターAnna Megill氏が参加へ。

Playground Gamesが手がけるFable最新作は元Remedy Entertainmentのリードライター、Anna Megill氏がシナリオを担当することが明らかになりました。

 

元Remedy Entertainment開発者

Megill氏はTwitter上でXboxで働くことについて話をしています。

「来年からPlayground Gamesで仕事を始めることにワクワクしています。私はFableのリードライターになります」

「Fableは私の心の中で特別な場所です。私がゲーム開発の世界に入った年に発売されたゲームで、開発者の目線でプレイした最初のゲームです。私は自分の物語の選択がどのようにして、なぜそうなったのかを理解し、自分が周りのNPCに与えた影響を見るのが好きでした。」

 

はじめはフェイブルのビジョンに自信が持てなかった

フェイブルといえば独特のユーモアのセンスもありますが、Megill氏ははじめはこの問題について不安を感じていたことも話しています。

「新しいフェイブルが自分に合っているとは 確信していなかった 」

「中世のおならのジョークの集まりになるのかな?"と思っていました。しかしチームのストーリービジョンは私を安心させ、興奮させてくれました。完璧に私にあっています。始めるのが待ち遠しい」

Anna Megill氏について

元RemedyでControlのプリプロダクションナラティブリードライターを担当していた人物として知られます。過去に担当していたのは「Dishonored: Death of the Outsider」でライター、「Mordered: Soul Suspect」でライター、「Guild Wars 2」でゲームデザインにも参加していました。

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Xbox/Windows10 Games
-,