Xbox/Windows10 Games

Xbox Series X版の最適化が甘い問題、マイクロソフトが開発会社と協力して修正へ。

マイクロソフトはXbox Series X版のゲームタイトルのパフォーマンスが十分に出ていないゲームタイトルについて、開発会社と協力してパフォーマンス向上作業にあたっていることを明らかにしました。

 

パフォーマンスが十分に出ないXbox Series Xタイトル

Xbox Series Xは現行世代のゲーム機で最もパワフルなゲームハードですが、残念ながらいくつかのゲームタイトルでは競合機種よりもパフォーマンスが下回るものもあります。

例えば、DiRT 5ではXbox Series Xの120fpsモードで非常に低いグラフィックス設定で実行されているとDigital Foundryは指摘しています。その他にもアサシンクリードヴァルハラやデビルメイクライ5スペシャルエディションでパフォーマンスが安定していないという指摘がありました。

なおアサシンクリードヴァルハラについては最近のパッチでパフォーマンスの修正が行われています。

 

問題修正中

The Vergeとのインタビューの中で、マイクロソフトは開発会社と協力してXbox Series Xでのゲーム体験を向上させる作業をしていると説明しました。

『Xbox Series X|Sで最適化された一部のタイトルでパフォーマンスの問題が発生していることを認識しており、最適な体験を保証するためにパートナーの皆様と積極的に問題の特定と解決に取り組んでいます』と担当者は説明しています。

『新しい世代のコンソールを始めるにあたり、パートナーの皆様は、次世代コンソールで何ができるかの表面に触れたばかりであり、新しいプラットフォームを最大限に活用する方法を学んでいく中で、マイナーなバグ修正が期待されています。』

『私たちは、今後も開発者の皆様と協力して、Xbox Series X|Sの機能をさらに探求していきたいと考えています。』

 

通常よりも遅い開発キットの提供

Xbox Series X|Sで最適化が十分ではない理由は、他のプラットフォーム似比べてXbox Series X|Sの開発キットやAPIの提供が遅く、開発会社が十分に使用できていないという事があげられています。

フィルスペンサー氏は最近のインタビューで、マイクロソフトはAMD RDNA 2.0のテクノロジーの完成を待っていたため製造が遅れ、その影響でXbox Series X|Sのユニットは今年の夏にスタートしたと説明しています。

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Xbox/Windows10 Games
-,

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5