Xbox/Windows10 Games

Halo Infinite、マルチプレイとキャンペーン別々にリリースすることは検討出来ると再びフィルスペンサーが語る。

最近のKotakuとのインタビューでXboxのヘッド、フィルスペンサー氏はHalo Infiniteの状況についてコメントし、キャンペーンとマルチプレイがそれぞれ異なるタイミングでリリースされる可能性について再び語りました。

 

チームに決定権がある

フィルスペンサー氏はKotakuとのインタビューで次のように語っています。

"ボニー(343 Industriesの創設者であり責任者であるボニー・ロス氏を指す)とチームは、その決定を行う権限があります "とSpencer氏は述べています。

"しかし、我々はユーザーに『ヘイロー』を体験したように感じてもらいたいと思っている。(別々でリリースするような)選択を検討することができると思います" Kotakuによると、スペンサー氏は続けて、この種のアプローチはHalo Infiniteの構造とストーリーテリング戦略を考慮しなければならないと強調しています。

"だから、それらは考えるべきことだと思いますが、我々は(Haloを)確実に成功させたいと思っています」と締めくくりました。

このフィルスペンサー氏のコメントから察すると、この計画はまだ確定とはほど遠いものと思われますが、343 Industriesのチームに決定権があり、細心の注意を払って検討された後、選択が行われる可能性があります。

Halo Infiniteは2020年のXbox Series Xのローンチタイトルとして十分な時間をかけて開発されていましたが、ヘイローファンが本当に望む体験を提供するために2021年への延期が発表されました。

 

キャンペーンの開発は難航している可能性も

Halo Infiniteは2020年8月に新キャンペーンチームリーダーとしてジョセフ・スタテン氏が率いることが発表されました。これは発表が遅かったのではなく、彼がディレクションを務めていた「Microsoft Flight Simulator」「Tell Me Why」の仕事が終わった後、恐らく文字通り夏から作業が開始されたものと思われます。

ジョセフ・スタテン氏はバンジー時代ヘイローのすべてのムービーシーン、多くのゲーム中の台詞を考えた人物として知られているほか、初期の”グラント”の声優、Destinyの脚本家として知られる人物です。

Bungieから離れた後はMicrosoftに戻ってくるもHaloからはある程度距離を保っており、Microsoftの他のゲームタイトルを中心に多くのタイトルに関わっていました。そのため彼がHaloに戻ってくるということは、最終調整のための間に合わせではなく、キャンペーンを十分なクオリティにするために時間をかける可能性があります。

Halo Infiniteは343 Industriesが中心になって開発が進められていますが、開発の初期段階からSkybox Labsと共同で開発が進められていた事が発表されていたほか、炎上騒動となったキャンペーントレーラーの発表から数週間後にリマスターを得意とするSperasoftが開発に参加することが発表されグラフィックス面でも大規模な改善が行われることが期待されています。

 

created by Rinker
¥4,822 (2021/06/18 13:48:37時点 Amazon調べ-詳細)
Xbox Boss Phil Spencer On Series X Launch, Halo Infinite & Bethesda
Xbox Boss Phil Spencer On Series X Launch, Halo Infinite & Bethesda

There’s nothing normal about interviewing Xbox chief Phil Sp ...

続きを見る

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Xbox/Windows10 Games
-,

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5