Xbox/Windows10 Games

Amazon Game Studios「Crucible」の開発中止を発表、正式リリースからクローズドベータに逆戻りしていた作品。

Amazon Game StudiosはCrucibleの開発中止を発表しました。

 

逆戻りを続けたタイトル

本作は2020年初めにSteamでリリースされましたがレビューは賛否両論となり、低調なスタートを切りました。プレイヤー数が少なくなると、ゲームは正式リリースをやめ、既存プレイヤーに限定したクローズドベータに戻されました。

その後このゲームのプレイを続けるファンと共にゲームの調整を進めていく見通しでしたが、残念ながら最終的に開発中止が決定しました。開発チームは「数ヶ月行ったアップデートでユーザーの皆さんの反応を見るのは好きでしたが、最終的にCrucibleを健全に持続させる未来を想像出来なかった」とコメントしています。

 

AmazonはMMORPGに注力

本作の開発中止を受けて開発チームは同じくAmazon Game Studiosが開発しているMMORPG、New Worldの開発にシフトすると発表しています。New Worldは2021年春にリリース予定です。

なおCrucibleのクローズドベータについては2020年11月9日までカスタムゲームをプレイすることが可能とのこと。課金要素については全額返金が行われ、まもなくゲーム内購入もシャットダウンされます。

Amazon Game Studiosといえば、2018年にマルチプレイヤーバトルゲーム「Breakaway」も開発中止にしました。今回Crucibleで2本目の開発中止となるわけですが、Amazonは自社のゲームプラットフォーム「Amazon Luna」ゲームストリーミングプラットフォームのためにゲームへの取り組みを続けています。

 

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Xbox/Windows10 Games
-, ,

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5