Xbox/Windows10 Games

ジョンロメロ、マイクロソフトのBethesda買収に関心。

DOOM・大刀で知られるゲームクリエータージョン・ロメロ氏はMicrosoftのZeniMax Media買収に反応しています。

 

Quake!

大刀の開発以前にDOOMやQuakeといったid Softwareの代表作を手がけていたJohn Romero氏は今回の買収についてシンプルに”Quake"とだけツイートしています。このことからQuakeの復活に興味があると思われます。

https://twitter.com/romero/status/1308727407105507329

新作が長らく期待されているQuake

対戦型マルチプレイFPSを定義づけたタイトルとして知られるQuakeはBethesdaが毎年行う最大のイベント”QuakeCon"のタイトルになるほどの有名なブランドですが近年ヒット作に恵まれていません。

2017年にリリースされたQuake Championsでは、アリーナFPSにヒーローシューターの要素を加えた作品となっており、「ドゥームスレイヤー」「ウィリアム”B.J"ブラスコヴィッチ」などの人気キャラクターも参戦するも人気が振るわず消極的な運営となっています。

今でもQuake4やChampionsではなくQuake3: Arenaが愛されているのを見るとファンを納得させられる新作の開発は難しいかも知れませんが、DOOMのリブートを成功させたように次世代機では新しいタイトルを見ることが出来ればファンにとっては嬉しい展開になるかもしれません。

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Xbox/Windows10 Games
-, ,

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5