Xbox/Windows10 Games

Xbox Series S搭載のオーディオチップ単体でXbox One XのCPUより性能は上。

マイクロソフトはXbox Oneでもオーディオチップに多大な投資を行っていましたが、Xbox Series X|S世代ではさらに強化され、非常にパワフルなオーディオチップを搭載しているようです。

 

没入感のある空間オーディオはさらに進化

Xbox One/Windows 10では既にSpatial Audio(空間オーディオ)を搭載しており、Windows SonicやDolby Atmos、DTS:Xを使うことで頭や肩を含めた周辺物の音の変化を可能なHRTF、立体音響などの機能が利用出来ます。

Xbox Series Xではこの機能がさらに進化しています。

  • ヴァーチャルサラウンドサウンドWindows Sonic
  • ドルビーアトモス&DTS:Xのプレミアムオーディオ
  • 専用オーディオハードウェアブロック
  • HRTFと空間音声処理のオフロード
  • 100の空間サウンドソース
  • オーパスオーディオデコード
  • コンボリューション・リバーブ/高速フーリエ変換
  • 8コアのXbox One XのCPUよりパワフル

 

Spatial Audioとは

Spatial Audioは、音の方向と距離に基づき、空間内の特定の場所から発生している音をプレイヤーに伝える仕組みです。

 

created by Rinker
マイクロソフト
¥16,764 (2020/10/22 15:58:43時点 Amazon調べ-詳細)

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Xbox/Windows10 Games
-, , ,

© 2020 WPTeq