Xbox/Windows10 Games

今こそ振り返るバトルトードの歴史。

まもなく発売される待望の新作「バトルトード」。発売を前に歴史を少し振り返ってみました。

 

タートルズから生まれたキャラクター路線

80年代末から90年代前半に書けて米国では「ニンジャタートルズ」が大ヒットしていました。アニメ、映画、そしてたくさんの玩具が発売され、すべてが飛ぶように売れている様子を見た当時のレア社の創業者であるステンパー兄弟がこれからは「キャラクタービジネスだ!」と考えたのがバトルトードと言われています。後にレア社がキャラクターもののゲームを作るようになったきっかけの作品でもあります。

ゲームを見ているとタートルズからの影響は感じる内容になっていますよね。

 

メインシリーズを振り返る

バトルトード

対応機種:ファミコン、メガドライブ、ゲームボーイ、Xbox Oneなど

ご存じバトルトード。ベルトスクロールアクションをベースにしつつ、ステージ毎で異なるゲームプレイが楽しめるバラエティ豊かなゲームとなっています。

日本版では実はかなり仕様が違っており、有名なポーズ画面のビートが削除されていたり、難易度がかなり簡単になっているという仕様の違いがあります。

 

バトルトード(ゲームボーイ)

対応機種:ゲームボーイ

ファミコンの移植ではなく完全新作。ステージは少なめですが、癖のある新曲とゲームボーイでも変わらない気持ちいいアクションが楽しめます。名曲の多いバトルトードの中でもGB版は個人的におすすめだったりします。

 

バトルトードインバトルマニアックス

対応機種:スーパーファミコン、マスターシステム

バトルトードの続編。さらに挑戦的なステージたっぷりのゲームとなっています。キャラクター毎にコンボがあり、性能が分かれました。

 

バトルトード&ダブルドラゴン(日本未発売)

対応機種:ファミコン、スーパーファミコン、ゲームボーイ、メガドライブ

バトルトードとあのダブルドラゴンがまさかのタッグを組んだ!バトルトードとダブルドラゴンの敵、味方が登場するクロスオーバー作品です。ゲームとしてはダブルドラゴン要素が薄く内容は完全にバトルトードなのでダブルドラゴンファンの方からの評判は良くなかったんだとか。

 

バトルトードアーケード

対応機種:Xbox Oneなど

スーパーバトルトードまたはバトルトードアーケードと呼ばれ、海外ではエレクトロニックアーツからリリースされました。本作はバトルマニアックをベースにしつつ、残虐な表現が行われるようになりました。

 

カメオ出演

 

バンジョーとカズーイの大冒険:ガレージ大作戦

ロード画面をよーく耳を澄ますと低確率でバトルトードのポーズ画面ビートが流れることが…!

 

キラーインスティンクト(2013)

キラーインスティンクトシーズン3ではなんとバトルトードのラッシュが参戦。お得意のケリでファイターたちをぶちかませ!

 

Kinect Sports Rivals

 

バトルトードコスチュームとバトルトードチャレンジが登場!君はトード級のスポーツ選手に慣れるかな!?

 

ショベルナイト

PC版とXbox One版限定でバトルトードが出現する隠しステージが収録。過去作への愛が詰まった新作ステージをショベルナイトが挑む。バトルトード達に勝つと彼らの秘密の技を伝授して貰うことが出来るぞ!

 

Grounded

裏庭のランドマークとしてラッシュの玩具が。一体何故そんなところにあるのかは謎だがバトルトードの周りの水を飲むのはやめておいた方が良さそうですね。

 

バトルトードが帰ってくる

ついにヤツらが帰ってきた!ラッシュ、ジッツ、ピンプルがアクション満載の新作アドベンチャーゲームで大暴れ!何度でも楽しめる協力プレイを仲間と遊ぼう。

バトルトード
バトルトード
Developer: ‪Microsoft Studios, Rare Ltd‬
Price: ¥2,350
created by Rinker
日本コンピュータシステム
¥11,999 (2020/10/01 03:15:01時点 Amazon調べ-詳細)

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Xbox/Windows10 Games
-,

© 2020 WPTeq