Xbox/Windows10 Games

Halo5はほぼ1080p/60fps! 解像度を動的に制御するようです。

Xbox OneのHalo5:Guardiansのキャンペーンモードでは、

60fps固定を維持するために状況に合わせて

解像度を下げる手法を採用しているようです。

 

 

halo-5-1-800x420[1]

 

 

 

1080pにこだわらない理由

もちろんゲームは1080p/60fpsに固定されているのが理想ですが

ゲーム機のリソースは有限です。

戦闘をど派手にしたいシーンでは

解像度を犠牲にすることで派手なアクションが繰り広げられるとのこと。

 

この赤毛でビジュアルエフェクト、車両などをよりリアルにすることが出来、

戦闘のスケールを縮小させることなく壮大なスケールのゲームが遊べるようになったようです。

もちろん押さえるのは解像度だけなので、60fps体験は維持されるとのこと。

 

 

Halo5製品情報

発売は2015年10月29日を予定。

リミテッドエディションにはFall of reachアニメシリーズ、

エージェントロック指令書、ファイアチーム調査資料などが付属します。

 

http://www.gamespot.com/articles/halo-5-uses-a-dynamic-resolution-to-stay-locked-at/1100-6430546/

 

リミテッドエディションの付属の資料などが

Reachまでのころと違って英語仕様なのはちょっと残念ですが

何年かに一度の大作ゲーム、早く遊びたいですね。

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Xbox/Windows10 Games
-, , , , , ,