Windows:ゲーム(Steam) Xbox/Windows10 Games

シージがサブ垢を禁止へ。サブアカはなぜ迷惑行為なのか。

人気マルチプレイタクティカルゲーム『レインボーシックスシージ』の開発元であるUBISOFTは、オンラインプレイにおける複数アカウントを使い分けること、サブ垢を取り締まるアップデートを行うことを発表しました。

複数アカウントを使って多くの人がゲームを楽しんでいた

レインボーシックスシージの場合、かなり多くの人がこのサブ垢を使ってゲームを楽しんでいたようです。しかしサブアカウントはオンラインゲームの運営元にとって頭を悩ませる問題へと発展しており、今回UBISOFTが明確に禁止行為にしたことは業界にとっても大きな影響がありそうです。

 

複数アカウントという迷惑行為

利用者の多くは自覚がないのではないかと思いますが、個人が複数のアカウントを使ってオンラインゲームをプレイする場合、競技制が高いゲームのマッチメイキングは崩壊の危険性があります。

 

ランクマッチとは?

昨今のオンラインゲームでは「ランクマッチ」というものがあります。これは初代Xboxのヘイロー2から続く非常にスマートな機能で、プレイヤーのゲームの腕前に合わせて対戦相手やチームをサーバーが選択してくれるというものです。

腕前が近い人とマッチングする仕組みなので、適切に機能していればオンラインプレイをしたときにどちらにも勝つ可能性があり、ゲームの駆け引きを楽しむことができます。

上級者は上級者同士、中級者は中級者同士、初心者は初心者同士でゲームを遊ぶことができるわけです。これが多くの対戦ゲームがランクマッチを導入している理由です。

 

サブアカウントはなぜ迷惑?

ではここである程度ゲームに慣れたプレイヤーがサブアカウントでゲームをプレイするとどうなるでしょうか。

プレイヤーの腕前は上級者であるのにも関わらず、アカウントの情報は初心者というプレイヤーがマッチメイキングに流れ込むと、初心者しかいないはずの試合に上級者が紛れ込むことになるわけです。

遊んでいる上級者は初心者ばかりの部屋で好成績を残せて楽しいかもしれませんが、ゲームを始めたてのプレイヤーは理不尽な試合を強いられることになり、負け続けることになります。

プレイヤーは勝ち負けを楽しみたくてオンラインに参加してくるのに、一方的に負けしかないのであれば、普通の人はそのゲームをつまらないと思いますし、そのゲームをやめる人も多いでしょう。つまりサブ垢が多いゲームでは初心者が入ってこない環境ができるわけです。

 

サブ垢がゲームを殺すことに…

気軽にできるサブアカウントですが、上記で説明した通りサブ垢はマッチメイキングの仕組みを崩壊させ、初心者お断りの環境を作り出します。

サブアカウント禁止の場合ランクが離れすぎたフレンドとゲームが一緒に遊べなくなるなどの弊害もありますが、ランクマッチを適切に機能させるためには已む得ない措置といえます。(本来ランクマッチでランクが離れているプレイヤーと一緒に遊べないのがなぜなのかを考えればわかると思いますけどね)

UBISOFTが複数アカウントを禁止したのは長期的にゲームを維持する上で必要な措置だったといえます。もしこのまま複数アカウントが禁止されずゲームが運営され続ければ、レインボーシックスシージに初心者は入らなくなり、プレイヤーは先細る一方だったでしょう。

プレイヤーがチート行為やサブアカウントを含むマナー違反行為をしなければ、オンラインゲームはもっと楽しく楽しめるはずです。ゲームは利用規約を守って正しくプレイしましょう。

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows:ゲーム(Steam), Xbox/Windows10 Games
-,

© 2020 WPTeq