Xbox/Windows10 Games ゲーミング(Xbox/Windows)

Windows 10、Xboxアプリを大幅高速化させる!React Native UWPでアプリ容量300MB→60MBに削減。

マイクロソフトはWindows 10版Xbox Betaアプリを完全に作り直し、Electronフレームワークを廃止し、パフォーマンスに重点を置いた新アプリへと生まれ変わらせています。

マイクロソフトはゲーミングPCにおいて、Xboxアプリをゲーム体験のハブとして使われるように位置付けたいとしており、Xbox Game Passの入り口として登場しました。 現在Xbox Game Passの統合、ソーシャル機能、Xboxゲームバー機能などを備えたストアフロントとして機能しています。

Xboxアプリは当初Electronアプリケーションとしてデビューしていましたが、現在はUWPアプリのReact Nativeに移行しています。また最新のFast Ring版では、Facebookのオープンソースフレームワークを活用し、.NET経由のC++に切り替えたようです。

React NativeはWindows上でスリムでネイティブな体験を提供するもので、結果的にメモリ使用量が50%以上削減、パフォーマンスも大幅に向上しています。 またアプリのインストールサイズも約300MBから60MBまで縮小化させることに成功しています。

 

created by Rinker
日本マイクロソフト
¥37,900 (2020/07/13 06:52:09時点 Amazon調べ-詳細)

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Xbox/Windows10 Games, ゲーミング(Xbox/Windows)
-, ,

© 2020 WPTeq