Windows Windows Mixed Reality/Hololens XboxOne/Windows10 Games ゲーミング(Xbox/Windows)

Chromium版Microsoft Edge、ARM64やXbox One、Hololens対応は遅れるようです。

マイクロソフトは2020年1月15日よりChromiumをベースとした新しいMicrosoft Edgeの提供を行うことを発表しています。 このバージョンでは2019年4月からプレビューされており、既に多くの機能が実装された最終テスト段階となっています。

 

ARM64サポートは遅れて実装予定

2020年1月15日にマイクロソフトがChromium Edgeをリリースする際いくつかの重要な要素が欠けています。 ひとつはARM64のサポートがないことです。 これは配信時のもので、将来的にサポートされる予定ですが、ARM64環境を期待していた人にとっては残念な結果と言えます。

MicrosoftはARMを推進しており、先日新しいSurface Pro XではARMプロセッサを採用していました。

 

その他のプラットフォームも後日対応へ

マイクロソフトはChromium Edgeリリース時にXbox OneやHololensのサポートを行わないと述べています。 しかしこれらのプラットフォームでは今後開発版が公開されるかもしれません。

Xbox OneとHololensでのブラウザー体験は必ずしも重要な問題ではないと考えられており、マイクロソフトの優先順位は決して高くありません。 実際Xbox OneでWebブラウジングを楽しむ人はそれほど多くないからです。 Microsoftはこれらのプラットフォームで具体的にいつ提供する予定かは述べていません。

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows, Windows Mixed Reality/Hololens, XboxOne/Windows10 Games, ゲーミング(Xbox/Windows)
-, , , , ,

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.