XboxOne/Windows10 Games ゲーミング(Xbox/Windows)

Digital Foundry「Gears 5は今までで最高のHDRが実装されている」

「Gears 5」の画像検索結果

最新のAAAクラスのビデオゲームが発売されると、Digital Foundryのチームはゲームのテクノロジーやグラフィックスの分析を行います。 ゲームのグラフィックスに使われている技術、フレームレートなどを徹底的に分析し動画や記事にまとめます。

例によってXbox One/Windows 10でリリースされた「Gears 5」も彼らによって分析されました。 Gears 5の分析動画ではストーリーモード(キャンペーン)に関するいくつものネタバレが含まれているため、ネタバレを避けたい場合は動画の閲覧はお控え下さい。

HDRのパワフルさ

Gears 5のグラフィックスで特に注目すべき点はハイダイナミックレンジ(HDR)です。 Digital Foundryは記事の中で「今までに体験したHDRの中で最高の実装、Gran Turismo Sportクラスに見える」としています。

 

Gears 5の解像度について

Gears 5の解像度は非常に複雑です。 Xbox One(S)/Xbox One Xの両方で動的解像度が採用されていますが、一般的な動的解像度とは異なります。

Xbox One Xではネイティブ4Kがターゲットされており、ゲームシーンに合わせて1584p、1728p、2160pの3段階で変更されます。 Xbox One(S)の場合は792p、864p、1080pまでの解像度となり、ちょうどXbox One(S)とXbox One Xでは4倍の解像度差と2倍のフレームレートの差になります。

Gears 5では動的解像度のざらつきを隠すためにアップスケーリングソリューションを利用しています。 これは前のフレームの情報を利用してリアリティを高めるため、解像度が低くても下がったように感じづらい表現になります。

またビュージオメトリは調整され、Xbox One Xの場合は最終的に4Kで出力されます。 モーションブラーやブルームなどのポストエフェクトは常に最大解像度、HUDはもちろんトーンマッピングなども適用されます。

ゲーム中の解像度は異なりますが、ポストエフェクトは常に最大解像度で行われるため、全体的には綺麗なグラフィックスが維持されます。

 

安定した動作

Gears 5のキャンペーンモードは非常に安定して動作します。 Xbox One Sでは30fps湖底に近く、Xbox One Xでは毎秒60fpsのスムーズな動作を体験できます。

画面分割モードでも非常に安定しています。 このゲームではローカル画面分割プレイで2人または3人までの画面分割プレイが可能です。 Xbox One Xであっても30fpsにフレームレートは下がりますが、アクションはそのままです。 Xbox One Sではフレームレートが不安定になることがあります。

キャンペーン中も多くのシーンがリアルタイムレンダリングによるシネマティックな表現を楽しむことができます。 またテクスチャのポップアップなどもなく、カメラが様々なショットですばやく、複雑なシーンを見れるのは印象的です。

 

テクノロジー面での進化

Gears of War 4と比較すると、Gears 5ではキャラクターのポリゴン数が約50パーセントも増加しています。 また顔の特徴や細部も作り直されており、光が肌を照らす様子も正確にシミュレーションされています。 肌のすぺきゅラリティは、表面から光の反射をシミュレートし、Gears 5ではデュアルロープスペキュラリティがサポートされています。 これにより自然な肌を作り出し、光が肌の油とどのように相互作用するかが正確に表現されています。

アイシェーダーも改善されました。光の拡散、動的光彩コースティクスなどが追加され、より自然なキャラクターの目が表現されています。 顔の特徴に加えて、多くは服やアーマーにも力が入れられています。 素材はより自然になり、金属や皮、布の質感がシミュレートされています。

アニメーションもGears of War 4のものよりも大幅に改善されています。 ムービーシーンでのキャラクターレンダリングは業界トップクラスであり、Naughty Dogと同じくらい高度なものです。 もちろん印象的なグラフィックスはすべて、高品質なエフェクトと組み合わせられています。

Unreal Engine 4のモーションブラーは業界トップクラスであり、リアルタイムのカットシーンで非常にリアルに見えるクリーンでアーティファクトのないブラーを生産します。 これは疑似的な事前レンダリングのカギとなります。

アップデートされた被写界頻度エフェクトはムービーシーンでも使われており、Gears of War 4 PC版の非常に高精細なプリセットよりもさらにハイレベルなものが使われています。 今回はすべてのプラットフォームで高品質な被写界深度によるボケが使われています。

しかし何よりも見るべきなのは環境です。 Gears 5ではシーンごとに細部まで作り込まれたオブジェクトを使い、高レベルのマイクロディテールを提供することに焦点を当てられ続けています。 Gears 5でも進化した破壊の表現の美しさに重点が置かれており、The Coalitionのアーティストによってカラフルで活気に満ちた世界を見ることができます。

シーンに応じて鮮やかな青、緑、赤が使われ、シリーズの定番だった暗い色使いが捨て去られた作品です。 これによってすべてのシーンはHDRでも素晴らしいグラフィックスを体験することができます。

Gears 5

ゲームについて

ゲーム史上最も評価の高い英雄伝説、Gears は 5 種類のスリル満点のモードと奥の深いキャンペーンで今まで以上に壮大になった

Xboxストアで見る

Steam版 Gears 5攻略情報

Gears 5 features the 'best HDR implementation yet' says Digital Foundry | Windows Central
Gears 5 features the 'best HDR implementation yet' says Digital Foundry | Windows Central

According to the graphics specialists at Digital Foundry, Ge ...

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-XboxOne/Windows10 Games, ゲーミング(Xbox/Windows)
-, , , , ,

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.