XboxOne/Windows10 Games ゲーミング(Xbox/Windows)

Xbox One Spring Update 2018配信開始、VRR、1440p対応等

投稿日:

マイクロソフトはXbox Oneの春の大型アップデートの配信を開始しました。

XboxではWindows10と同じ時期に毎回大型アップデートを配信しています。

 

今回のアップデートでは、1440pディスプレイへの対応、AMD FreeSyncの対応、Mixerコントローラーシェアリングなどがサポートされます。

 

Microsoft Edgeの大型アップデート

名称未設定ゲームキャプチャスクリーンショット2018-04-24 10-39-00

Xbox Oneリリース当初の従来のInternet Explorerと殆ど変化がなかったMicrosoft Edgeですが、今回のアップデートでPC版に近いものに変更されました。

コントローラーで利用できるように最適化されており、機能としてはファイルのダウンロードやアップロード、タブミュート、読み上げ、自動入力などに対応します。

またEdgeHTMLエンジンも更新されており、従来よりもレンダリングが快適になりました。

 

システム全体のオーディオを変更

xbox-guide-landing[1]

マイクロソフトはXboxのサウンド周りに調整を加えました。

ゲームを開いているときにバックグラウンドミュージックとゲームのオーディオバランスを調整することが出来るようになっています。

また、OS全体の効果音も変更され、空間オーディオを意識したものになっています。

 

1440p対応

Xbox One XとXbox One Sで1440p解像度での出力に対応しました。

1440pはPCモニターでは比較的一般的な解像度で、Xbox One Xと組み合わせて使うことで、4K映像をスーパーサンプリングして出力できます。

 

VRR(AMD FreeSync)

可変リフレッシュレート(VRR)はディスプレイのリフレッシュレートを出力コンテンツのリフレッシュレートに適合させることで、従来よりも入力遅延を減らし、スクリーンのティアリングなどを低減する技術です。

Xbox OneはAMD FreeSync、VRRテクノロジーをサポートしており、FreeSync対応ディスプレイと直接接続してこの機能を利用できます。

 

自動低遅延モード

テレビの低遅延モード(いわゆるゲームモード)に自動で切り替えるための最新の技術がAuto Low Latency Modeです。

これはゲームを起動すると自動的にゲームモードに切り替わり、動画視聴などアプリを利用しているときは通常の高画質モードにテレビの設定を切り替えるようになります。

この機能はHDMI 2.1に対応した一部のディスプレイで利用できますが、現時点で日本ではほぼ提供されていない機能です。

 

Mixerコントローラシェア

動画配信サービスMixerはインタラクティブな配信を特徴とします。

この機能を有効にすると、配信者は視聴者の1人にコントローラーを渡すことが出来ます。

有効にすると1人の視聴者はゲームコントローラーを操作できるようになります。

 

スケジュールテーマ

Xbox Oneのテーマを時間ごとでライトテーマ、ダークテーマを切り替えます。

これにより、昼間は白いテーマ、夜は暗いテーマにして目の負担を抑えるといった使い方が出来ます。

 

Twitterシェア

Xboxのビデオクリップやスクリーンショットを簡単にTwitterやOneDriveに共有できるようになりました。

 

その他

・Xbox Live Gold無料タイトルがダウンロードしやすくなりました。

・EAアクセスタブがマイコレクションに統合

・Mixer配信機能が全体的に改善

・Xbox Live Clubでフィルタリングが追加

・クラブ管理機能にフィルタリングが追加

・トーナメントはXbox Liveクラブじゃなくても参加できるようになりました。

 

ソース:

https://www.windowscentral.com/xbox-spring-update

 

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-XboxOne/Windows10 Games, ゲーミング(Xbox/Windows)

Copyright© WPTeq , 2018 All Rights Reserved.