XboxOne/Windows10 Games ゲーミング(Xbox/Windows)

ゲーム開発ツール「GameMaker Studio 2」がXbox Live Creators Programをサポート。

gamemaker_studio_2[1]

 

「Hotline Miami」や「Undertale」、私のお気に入り「Rivals of Aether」などでも使われている人気ゲーム開発ツール、GameMaker Studio 2でXbox Live Creator Programがサポートされることが明らかになりました。

 

Xbox Live Creator Programとは?

マイクロソフトのWindows10/Xbox One向けのゲーム配信プログラムのこと。

最小限の審査と最小限のコンセプト承認プロセスを使って、Xbox Oneでゲームを配信できます。

このプログラムを使うと、Xbox Liveでサインインし、他のゲームと同じようにプレイすることが出来るようになります。

 

UWPでPC向けに配信するのとほぼ同じ感覚でゲーム機にも配信でき、個人でも配信できるため新しいプラットフォームとして注目されます。

 

GameMaker Studio 2がサポート

今回2Dツールセットでゲーム開発者に人気のGameMaker Studio 2がXbox Live Creator Programのサポートを発表しました。

YoY尾Gamesのジェネラールマネージャー、ジェームズコックス氏は

「多くのゲーム開発者は自分の作ったゲームをすべてのプラットフォームに配信出来ることを願っています、それはXbox Live Creator Programをサポートすることでその夢に一歩近づきます。 これはMicrosoftとのパートナーシップにより実現しました。 Game Maker Studio 2では簡単に学び、他のプラットフォームにも配信できます。 Xbox Live Creator Programのサポートにより、Xbox デバイスでもインディーズゲームが配信できるようになります」

 

ソース:

https://www.windowscentral.com/gamemaker-studio-2-integrating-xbox-live-creators-program-its-development-tools

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-XboxOne/Windows10 Games, ゲーミング(Xbox/Windows)

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.