XboxOne/Windows10 Games ゲーミング(Xbox/Windows)

ライズオブザトゥームレイダー、Xbox One XとPS4 Proの比較映像が公開。

投稿日:

large[1]

 

デジタルファウンドリーがGamescomで得た情報を元に、Rise of The Tomb Raiderの比較映像を公開しました。

Xbox One X版はハイエンドPC向けの高品質テクスチャが採用されていますが、そのほかにもPureHair(TressFX)などがアップグレードされ、フィールドレンダリングの深度も改善されています。

 

ライズオブザトゥームレイダーは過去数年間にわたって4つの異なるフォーマットで展開されていました。 そして今回5回目となるライズオブザトゥームレイダーのリリースは恐らく最終バージョンとなります。 今回のGamescomではXbox One Xでプレイ可能なデモが出展されていたため、EuroGamerはプレイ映像を録画し、PS4 Proとの比較を行いました。

EuroGamerの第一印象としては「Xbox One Xのサードパーティタイトルでも優れた改良版を開発できることが分かった」とのこと。

 

 

まず今回オリジナルのXbox One版を開発したCrystal Dynamicsと代わり、Xbox360、Windows、PS4版を開発したNixxesが今回Xbox One X Enhanced版の開発を行ったと発表しました。 クリスタルダイナミックスがXbox Oneに集中して開発したというメリットは明白です。

今回のGamescommのデモではララの劇的なラストで最高峰に達する予言者の墓のシーンをプレイすることが出来ました。 Xbox One XではPS4 Pro版と同じように、リアルタイムでオプションを切り替えられる3つのゲームモードがあります。 PS4 Proの4Kモードはチェッカーボードレンダリングでしたが、Xbox One Xではネイティブ4K/30fpsで動作します。 このモードでは高解像度のアートアセット、改善されたテクスチャフィルタリングにより、PS4 Proの同等のモードよりも明確なビジュアルのアップグレードを感じることが出来ました。

PS4 Proの”Enriched"はPC版の最高設定のような素晴らしいグラフィックを持っていました。 ここでの大きな違いはPS4 Proでの”Enriched”は1080pだったのに対し、Xbox One Xでは疑似4Kであるとのことです。 4Kグラフィックの技術的な仕様はまだ不明ですが、これは素晴らしい変更です。 4Kアップスケーリング技術に関しては様々な議論がありますがスマートなアップスケーリング技術により、ネイティブ4Kモードよりもさらにリッチな視覚効果を楽しむことが出来ます。

高フレームレートモード - これもPS4 Pro版と同様です。 PS4/Xbox Oneと同等レベルの解像度にする代わりに、Xbox One Xのパワーをフレームレートに振ります。 残念ながらデモでは予言者の墓のステージだけですが、毎秒60フレームレートで固定されてプレイ出来ました。

ドルビーアトモスサラウンドのサポートとHDRレンダリングへの対応も発表されています。 これらは他のプラットフォームではサポートされていない強化要素ではあります。

ライズオブザトゥームレイダーは2015年にリリースされた古いゲームではありますが、今世代で最も印象的なサードパーティタイトルの1つです。 ハードウェアを限界まで引き出したゲームとしてPCでも技術的なベンチマークタイトルとして定評があります。 今回Xbox One Xで最良のコンソール版を提供することが期待されます。

 

ソース:

http://www.eurogamer.net/articles/digitalfoundry-2017-how-rise-of-the-tomb-raider-on-xbox-one-x-improves-over-ps4-pro

 

Rise of the Tomb Raider 【CEROレーティング「Z」】
日本マイクロソフト (2015-11-12)
売り上げランキング: 8,589

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-XboxOne/Windows10 Games, ゲーミング(Xbox/Windows)

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.