Xbox:TIPS XboxOne/Windows10 Games ゲーミング(Xbox/Windows)

PureVPNのゲーム向けサーバを探してみた。

更新日:

PureVPN-Review-2[1]

 

XboxOneゲーム、GiganticのSteam版リリースと共にゲームが配信されていないアジア圏でのWindows10/XboxOne版のマッチングがしなくなったので、ゲーム向けのPureVPNサーバを探してみました。

→PureVPNに登録する

 

 

PPTP暗号化の検証

 ダウンロードアップロード遅延
暗号化自動7.13Mbps8.51Mbps249ms
暗号化なし11.3Mbps7.00Mbps242ms

暗号化なしの方が多少パフォーマンスが伸びるようです。

ただし通信が傍受される可能性があるため、プライバシーを考えれば暗号化を有効にした方が安心できます。

 

 

PureVPNサーバー検証

image

下記のスピードテストにはXboxOne Sの速度計測を使用しています。

 

 ダウンロードアップロード遅延(ping)
シアトル11.3Mbps7.00Mbps242ms
カリフォルニア15.10Mbps3.13Mbps127ms
ニューヨーク6.50Mbps18.78Mbps283ms
オハイオ1.89Mbps2.06Mbps507ms
ヒューストン6.08Mbps16.87Mbps343ms
マイアミ12.37Mbps14.89Mbps283ms
ヴァージニア10.91Mbps19.10Mbps252ms
ブリティッシュバージンアイランド8.60Mbps5.21Mbps201ms
ロサンゼルス計測不能計測不能計測不能

 

当然ですがアメリカ西海岸の方がスピードは速いようです。

特にカリフォルニアに関してはかなり早く、ゲームに関しても許容出来る遅延ではないかと思います。

この計測は夜9時頃にテストした物で、サーバの状態やあなたの環境によって異なる場合があります。

23時頃に再計測した際は早かったカリフォルニアもPingが391を記録したこともあり、サーバのアクセス状況によって大分変わってきそうです。

 

ちなみにPCではブリティッシュバージンアイランドが139msで最速、続いてArgentina171ms、Panama171ms、Venezuela 171msといった結果となっていました。

 

ゲームプレイも問題なかった

試しにカリフォルニアサーバで接続し、GiganticとオーバーウォッチのXbox One版をプレイしてみました。

特に大きな遅延や不安定な接続になることもなく普段より快適にマッチングしてプレイすることが出来ました。

 

遅延って他人に迷惑掛かるんじゃねって思われるかも知れませんが、アメリカ国内の田舎の回線速度は非常に遅いので恐らく日本の光+有料VPNの方がまだ早いと思われるのでそこまで気にしなくても良いと思います。

 

→PureVPNに登録する

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Xbox:TIPS, XboxOne/Windows10 Games, ゲーミング(Xbox/Windows)

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.