XboxOne/Windows10 Games ゲーミング(Xbox/Windows)

「第9地区」のニール・ブロムカンプ監督、HALOの映画化がしたいと発言。

maxresdefault[1]

映画第9地区は2009年(日本では2010年)に公開された映画で、エイリアンと人類の共存を描いた作品で、監督であるニール・ブロムカンプ監督が初めて長編映画を手掛けた作品でもあります。 この映画は元々制作当時マイクロソフトの人気ビデオゲーム、「HALO」の映画化プロジェクトとして集められたスタッフが制作会社とマイクロソフトの間で予算交渉が決裂したためHALOの代わりに制作された映画という経緯があります。

 

彼はBlomkampに「HALOフランチャイズを手掛ける可能性はあるか?」という質問に対して次のように答えています。

「私はHALOが大好きだよ。 でも既存のフランチャイズを映画化するのに私はいい実績がない。 あの世界観やマスターチーフ、リーチ、コロニー、フラッド、コヴナントが好きかって? 答えはYESだ。 恐らく誰も求めてはないだろうけど、もし私がマイクロソフトからオファーがあったらオファーを受けるよ。」と答えています。

 

マイクロソフトは現在Universal Picturesと提携し、Scott Stuber監督によるGears of Warの映画化の作業を進めているとのことですが、HALOフランチャイズの映画化も再始動してほしいところですね。

 

ソース:

https://mspoweruser.com/district-9s-neill-blomkamp-wants-work-halo/

 

ヘイロー: ナイトフォール ブルーレイ&DVD セット (初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015-06-10)
売り上げランキング: 34,680

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-XboxOne/Windows10 Games, ゲーミング(Xbox/Windows)

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.