XboxOne/Windows10 Games XboxOne:周辺機器 ゲーミング(Xbox/Windows)

XboxOneゲーミングのためのサウンドバー選びガイド。

更新日:

XboxOneではHDMI/光デジタルケーブルを接続することでサウンドをリッチにするサウンドバーへと接続可能です。 サウンドバーは殆どの大型サラウンドシステムほどの性能は持っていませんが、比較的安価かつ簡単に設置できます。

 

PPP_supi-ka-_TP_V[1]

 

サウンドバーが必要な理由

基本テレビやPCモニターのスピーカーはかなりチープなものが使われています。 そのため別途スピーカーを追加することでいい音でゲームを楽しめるようになります。 もちろんゲームだけでなくNetflixやブルーレイコンテンツも素晴らしい音で楽しめるようになりますし、ゲームでも細かなサウンドまで感じられ、特に台詞が聞き取りやすくなるといったメリットもあるためテレビと合わせて導入されることをオススメします。

 

Sonos Playbar

価格:約10万円

サウンドバーに9つのスピーカーを内蔵し、音を劇的に改善。 シミュレートされたリアルサラウンドでリアスピーカーを備えていなくても様々な角度から音を感じることが出来る人気のスピーカーです。 さらにスピーカーが不足していると感じるなら他のSonosスピーカーを追加してワイヤレス接続することまで出来ます。 最高のオーディオシステムが欲しいなら検討する価値がある製品です。

YAMAHA YAS-203

価格:約2万~3万円

YAMAHA YAS-203は多くの人が気になるであろう2.1chのサラウンドスピーカーです。 しかしこの機種にはドルビーデジタル、DTSデコードの両方をサポートし、ワイヤレスの独立サブウーファーも備えているため迫力のあるサウンドが楽しめます。

CNETのエディターズチョイスも受賞しており、最高のサウンドバーとサブウーファーと言われ、豊かなサウンドと高品質な体験が楽しめます。 YAS-203はドルビーアトモスに興味がない人にとって魅力的な選択肢となるでしょう。

YAMAHA YSP-5600

価格:約16万

あなたがサウンドバーに関心があり、予算を持っているならYAMAHA USP-5600もきっと興味が枠でしょう。

ドルビーアトモスに対応、サブウーファーはありませんが、指向性ビームドライバーによる疑似サブウーファーが部屋の至る所から聞こえます。

4Kパススルー、YAMAHA MusicCastスピーカーとの互換性があり、必要に応じてスピーカーを追加出来ます。

ヤマハ ホームシアタースピーカー デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-5600
 
 
 

Paradigm SoundScape

価格:約25万

多くの人がサウンドバーにここまでの性能は必要としないでしょうが、オーディオファン、ゲームファンの中にはこのような選択肢を考える人もいるのではないでしょうか。 複数の方向に配置されたスピーカーにより圧倒的なサラウンド感を実現します。

ソース:

https://www.windowscentral.com/best-soundbars-xbox-one-gaming

 

 

--

 

私はHarman KardonのSB35を使っています。 DTS-HD/Dolby TrueHDをサポートしており、サラウンド感は薄い物のかなり原音に忠実なサウンドで音を楽しむことが出来るスピーカーです。

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-XboxOne/Windows10 Games, XboxOne:周辺機器, ゲーミング(Xbox/Windows)

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.