Xbox/Windows10 Games ゲーミング(Xbox/Windows)

キャプチャーボードのElgato Game CaptureでBeamのFTLをサポート、低遅延配信が可能に。

ゲームキャプチャツールを販売しているElgato社は最新のElgate Game Captureで最新のベータ版ソフトウェアの提供を開始しました。 この3.6 Beta版では高速な動画配信が可能なFTLにネイティブで対応しています。

 

image

このベータリリースの内容を確認してみましょう。

・AMD GPU エンコーディング – AMD GPUで今より遙かに低いCPU負担でビデオをエンコードできます。

・最小要件 VCE2.0

・Beamサポート - FTLテクノロジーをサポートし、Beam.proで超低レイテンシーで配信可能になりました。

・Twitterへビデオをアップロード - 素敵なゲームクリップを直接Twitterにアップできます。

・プレビューは現在60fpsに対応しました。

・パフォーマンスの改善、バグ修正など

 

 

Beamでゲーム配信を行うならFTL配信を強くおすすめします。 Beamなら遅延を気にすることなく人とコミュニケーションを取ることが出来ます。 既にWindows10、XboxOne、Xsplit、OBS Studioのような主要なデバイスとソフトウェアで対応していますが、Elgate Game Captureで直接配信を行っている人は試す価値があるでしょう。

 

 

--

Elgato Game Capture HD60
Elgato Game Capture HD60

posted with amazlet at 17.05.19
Elgato (2014-08-23)
売り上げランキング: 838

 

ちなみに私もElgato HD 60 Sを愛用しています。

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Xbox/Windows10 Games, ゲーミング(Xbox/Windows)