WindowsPhone

スマホゲームを低電力化する技術をMS Resarchが発表。

mobile-gaming_1000x400[1]

 

過去10年間でモバイルゲームは巨大な市場へと成長しました。

プレイヤーはモバイルゲームを楽しむためにますます強力なGPUを搭載したモバイルデバイスを使い、素晴らしいゲーム体験を楽しむことが出来ます。

しかしこのようなゲーム体験には大きな代償がかかります。 そう、消費電力です。 モバイルGPUの消費電力はグラフィックスの計算量に応じて増加します。

その結果多くのハイエンドなグラフィックを備えたモバイルゲームは消費電力が大きく、バッテリーを非常に早く消費します。

 

この問題を解決するためにマイクロソフトリサーチアジアと韓国科学研究院の研究者はRAVENと呼ばれる新しいシステムを開発し、ユーザーエクスペリエンスを損なうことなくモバイルゲームの消費電力を削減する技術を開発しました。

 

RAVENはモバイルゲームが、連続して同じまたは似たフレームが表示されることが多いを利用した技術です。

似たようなフレームの違いは細かすぎてプレイヤーは知覚することが出来ません。

ただしモバイルゲームのフレームはどれだけ似ていても常に60fpsの高いフレームレートでレンダリングしなくてはなりません。

 

これを実現するために人間の目の色の違いに対する感受性に基づいた知覚的類似性を測定しエネルギー効率の良い方法が開発されました。

またメインディスプレイよりもかなり小さな解像度(例えば80x45ピクセル)で仮想ディスプレイとしてレンダリングし、グラフィックコンテンツを読み取ることでエネルギーを省電力化する技術も開発されました。

 

このRAVEN SYSTEMをNexus 5xスマートフォンに組み込み、11名のユーザーにテストしたところ、ゲームアプリケーションの品質や体験は維持しながら最大34.7%の消費電力の削減に成功したとのこと。

 

ソース:

https://www.microsoft.com/en-us/research/blog/raven-reducing-power-consumption-mobile-games-without-compromising-user-experience/

 

Xbox One S 1 TB PlayerUnknown’s Battlegrounds 同梱版 (234-00316)
日本マイクロソフト (2018-02-20)
売り上げランキング: 676

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-WindowsPhone

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.