WindowsPhone

マイクロソフトの未発売ベゼルレスLumiaスマートフォンの画像がリーク。

更新日:

LD2FR_Start_0[1]

 

マイクロソフトはLumiaシリーズの開発を終了しましたが、いくつかのプロダクトが最近もリークされています。

今回リークされたのは2014年に取り組んでいたとされる廉価機種Lumia 435です。

 

このマイクロソフトLumia 435は恐らく誰もが欲しいと思う端末ではありません。 というのも4xxシリーズはローエンドデバイスです。

ローエンドデバイスでは価格の安さしか求められていませんが、マイクロソフトはベゼルレスのすっきりしたデザイン採用しようとしていたようです。

 

この端末は開発中コードネームベラと呼ばれており、他のローエンドデバイスとは異なるベゼルレススマホになる予定でした。

しかし当時の製造では200ドル近い価格になってしまうため2014年後半にキャンセルされたと推測されるとのこと。

 

LD2FR_Hero_0[1]

 

Lumia 435のスペック

・Windows Phone 8.1

・5インチ 1280x720

・メインカメラ 500万画素

・フロントカメラ 720p

・ストレージ 4GB+MicroSD

・RAM 1GB

・1800mAh

 

LD2FR_Table_0[1]

 

Windows Centralによるレビュー

このデバイスの最大の特徴は、シンプルにそのデザインです。 前面部分の殆どがディスプレイというのはLumiaにとって大きな衝撃でした。 Windows Phoneのシンプルなデザインと組み合わせられたクリーンミニマリスト、近未来的なデザインは他のLumiaにはない特徴でした。

 

もちろんベゼルレスとはいえ画面の下部には大きなベゼルがあります。 しかし2014年では十分オールスクリーンディスプレイと呼べる物でしょう。

また下のベゼルにはセルフィーカメラが存在します。 これはXiaomi Mi Mixのような端末と同様です。

 

このスマートフォンのサイドボタンは残念ながらカメラボタンがなくボリュームと電源ボタンの2つのボタンのみがサイドに配置されており、クリック感のある押し心地だったとのこと。

 

ローエンド端末であるこのデバイスは2014年にリリースされる予定だったということもあり、当時の廉価Snapdragon、4GBのストレージが搭載されていました。 2014年のデバイスとしてはシャープアクオスクリスタルよりもディスプレイの比率が大きなデバイスだったようです。 ディスプレイ自体は屋外でも見やすいデバイスで720pながらも鮮明に見えたとのこと。 OLEDディスプレイは他のWindows Phoneよりもいい出来だったようです。

 

またローエンドデバイスのためカメラはあまり期待されませんでしたがフラッシュも搭載されており、それ程悪くない出来だったとのこと。 しかし試作版ということもあり、カメラアプリは背面のみで前面のカメラについては切り替える機能がなかったようです。

 

このLumiaが開発中止になった理由が分からないほど良い出来だったとWindows Centralは評価しています。

ローエンドで品質の良い、デザイン重視の端末で200ドル以下という設定であれば十分に購入を検討すべきデバイスになったことでしょう。

ディスプレイ、バッテリーライフ、ユニークなデザインと多くの点で欠点はありません。

 

ソース:

https://www.windowscentral.com/microsofts-canceled-all-screen-lumia-handset

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-WindowsPhone

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.