WindowsPhone

WindowsPhone、マーケットシェアは0.1%

image

WindowsPhoneはライブタイルやシンプルな使い心地が素晴らしい端末ですが、他のOSに比べて明らかに力が入れられていないスマホOSではあります。

 

IDCの四半期スマートフォントラッカーでは、WindowsPhoneは2017Q1で市場シェア0.1%と順当に下がっていることが分かりました。

2015年、WindowsPhoneはシェア1パーセントでした。しかし今10分の一に減少しています。

 

IDCはマイクロソフトのWindowsPhoneへの取り組みについて次のようにコメントしています。

「WindowsPhoneの出荷台数は新しいハードウェアパートナーの不足、開発者のサポート、プラットフォームへの熱意の欠如から回復の兆しもなく下がり続けています。」

「今後数年でカムバックするには完全に新しい「Surface」のようなスタイルの攻撃に出るか、新しいベンダーをプッシュする必要があります」

 

マイクロソフトですらWindowsPhone向けアプリよりも明らかにiOSアプリに力を入れていることからもマイクロソフトがWindowsPhoneに興味があるようには思えませんが、いつかLumiaのようなスマートフォンが復活することに期待したいですね。

 

ソース:

http://www.idc.com/tracker/showproductinfo.jsp?prod_id=37

https://mspoweruser.com/idc-awards-windows-phone-0-1-market-share-notes-lack-commitment-microsoft/

 

ーー

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-WindowsPhone

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.